Rakuten infoseek

辞書

合の手【あいのて】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

合の手
あいのて
日本音の用語。「間の」とも書き,単に「合」ともいう。歌と歌の間に奏される器楽的旋律 (手) のこと。義太夫節には文句と文句の間をつなぐ比較的短い旋律と,長い詞の背景音楽のようにあしらって弾いたり,立回りなど人形の動作に合せて弾くメリヤスとがある。合の手を発展させたものを長唄では「合方」,地歌箏曲では「手事」といって音楽的に重要な構成部分となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あい‐の‐て〔あひ‐〕【合(い)の手/相の手/間の手】
邦楽で、歌と歌の間に、三味線などの伴奏楽器だけで演奏する部分。
歌や踊りの調子に合わせて入れる手拍子囃子詞(はやしことば)
相手の動作や話の合間に挟む別の動作や言葉。「―を入れる」
[補説]「相槌を打つ」と混同して、「合いの手を打つ」とするのは誤り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいのて【合の手】
三味線音楽の形式の一つ。〈間の手〉〈相の手〉とも書き,単に〈合〉ということもある。歌と歌とのあいだ(間)をつなぐ短い三味線の旋律を指す。〈合の手〉が長くなって形式化された場合には,長唄では合方(あいかた),地歌では手事(てごと)と呼ばれる。歌い手の息継ぎを助けたり,歌詞の意味や気分などを楽器で表したり,舞踊の場合は舞う人の動きを促進する役割がある。【加納 マリ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

合の手
あいのて
邦楽用語。唄(うた)と唄との間をつなぐ手(て)(旋律)のことで、単に「あい」ともいう。洋楽の間奏にあたる。唄い手の息継ぎのためのほか、唄のリズムやテンポを指導し、さらに、歌詞の意味をくみ取って強調するための場合もある。長唄では、合の手のうちとくに長いものを「合方(あいかた)」という。地唄や箏曲(そうきょく)では「手事(てごと)」とよび、また琵琶(びわ)楽では「弾法(だんぽう)」とよんでいる。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合の手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合の手の関連情報

他サービスで検索

「合の手」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.