Rakuten infoseek

辞書

各務支考【かがみ しこう】

美術人名辞典

各務支考
江戸前・中期の俳人美濃生。別号東華坊西華坊・獅子庵等。蕉門十哲の一人。美濃派始祖として、蕉風を全国に普及させた。『笈日記』『葛の松原』『俳諧十論』等多くの作がある。享保16年(1731)歿、67才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

かがみ‐しこう〔‐シカウ〕【各務支考】
[1665~1731]江戸中期の俳人。美濃の人。別号、獅子庵・東華坊など。蕉門の十哲の一人。師の没後美濃派一流を開いた。著「笈日記」「葛(くず)の松原」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

各務支考 かがみ-しこう
1665-1731 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文5年生まれ。元禄(げんろく)3年松尾芭蕉(ばしょう)に入門し,晩年の芭蕉に随侍した。師の没後は,生地美濃(みの)(岐阜県)を本拠に地方行脚をかさねて蕉風の普及につとめ,美濃派とよばれる一大勢力をきずいた。蕉門十哲のひとり。享保(きょうほう)16年2月7日死去。67歳。本姓は村瀬。別号に東華坊,野盤子,獅子庵。著作に「葛(くず)の松原」など。
【格言など】俳諧は世の変相にして,風雅は志の行ところなり(「松原」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かがみしこう【各務支考】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かがみしこう【各務支考】
1665~1731 江戸前・中期の俳人。別号、東華坊・西華坊・獅子庵など。美濃の生まれ。蕉門一の論客として俗語平談を旨として風姿風情を平易に説き蕉風の地方普及に尽力。美濃派の祖となった。著「葛の松原」「俳諧十論」「続五論」「本朝文鑑」「俳諧古今抄」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

各務支考
かがみしこう
[生]寛文5(1665).美濃,北野
[没]享保16(1731).2.7. 北野
江戸時代中期の俳人。別号,東華坊,西華坊,獅子庵,蓮二房など。諡号,梅花仏。松尾芭蕉晩年の門人で,『俳諧七部集』の一つ『続猿蓑』 (1698) の編に参与。芭蕉後,美濃派の一風を樹立して全国各地の民衆の間に蕉風を普及させた。当時の俳人には珍しく体系的な俳論を展開し,『葛の松原』 (92) ,『続五論』 (98) ,『俳諧十論』 (1719) などを書いた。漢詩に対して仮名詩創始俳文にも多く対句を用い四六駢儷 (べんれい) 体を模し,故事を駆使したりして独自の風格をもち,『本朝文鑑』 (18) ,『和漢文操』 (23序) を編んだ。一面,勢力を広げるため芭蕉を利用し,ときには偽書をつくり,同門の人々と論争したり,自己の死後の世評を聞くため死んだと見せかけたり,芳しからぬ点もあった。編著は『笈 (おい) 日記』 (1695) など多数。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

各務支考
かがみしこう
1665〜1731
江戸中期の俳人。蕉門十哲の一人
美濃国(岐阜県)北野の人。幼時仏門に入ったが還俗 (げんぞく) し,のち松尾芭蕉に師事。芭蕉なきあと,平俗を主張し,美濃派をたて,榎本其角の江戸派とともに有力であった。主著に『笈 (おい) 日記』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

各務支考
かがみしこう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かがみ‐しこう【各務支考】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

各務支考」の用語解説はコトバンクが提供しています。

各務支考の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.