Rakuten infoseek

辞書

司馬睿【しばえい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

司馬睿
しばえい
Si-ma Rui; Ssǔ-ma Jui
[生]咸寧2(276)
[没]永昌1(322)
中国,東晋 (→) の第1代皇帝 (在位 317~322) 。字は景文。元帝。琅邪 (ろうや) 王司馬覲の子。初め東海王越の支配下にあり,越の意向によって永嘉1 (307) 年建康に鎮した。以後,王導をはじめとする北人名族江南の土着豪族の支持を得て次第に江南に勢力を固めていった。西晋最後の皇帝愍帝の死去が伝わると,推されて皇帝の位につき,東晋朝を建てた。しかしその王朝権力は弱かった。永昌1 (322) 年武将王敦反乱が起り,その勢力に押されたまま没した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しば‐えい【司馬睿】
[276~322]中国、東晋の初代皇帝。在位317~322。司馬懿(しばい)曽孫。諡(おくりな)は元帝。琅邪王となり、西晋滅亡後、晋王朝を再興。琅邪出身の王氏の反乱を招き、乱中に病死

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しばえい【司馬睿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しばえい【司馬睿】
276~322) 中国、東晋の初代皇帝(在位317~322)。諡おくりなは元帝。司馬懿しばいの曽孫。西晋の滅亡後、北方の名族と江南の豪族の支持を得て建康(南京)に即位。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

司馬睿
しばえい
(276―322)
中国、東晋(とうしん)初代の皇帝(在位317~322)。諡(おくりな)は元帝。司馬懿(しばい)の曽孫(そうそん)で琅邪(ろうや)王に封ぜられ、八王の乱の末期、安東将軍となって下(かひ)(江蘇(こうそ)省)に鎮守し、揚州(ようしゅう)(華中東部)の軍権を統轄した。華北の混乱が激化すると307年、名臣王導の計で建(けんぎょう)(313年建康と改名、現南京(ナンキン)市)へ移鎮、亡命貴族や江南豪族を幕下に招いて勢力を固め、西晋が滅ぶと317年、晋王となって建武と改元するなど事実上の王朝体制をとり、翌年正式に即位して晋を再興し東晋王朝を開いた。貴族や豪族の力が強く、とくに琅邪郡(山東省)出身の王氏一族が内外に権をとったので、「王と馬とが天下を共にす」といわれた。劉隗(りゅうかい)らの側近を重用して帝権強化を図ったが、王導の従父兄(いとこ)王敦(おうとん)の反乱を招いて、乱中に憂死した。[安田二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しば‐えい【司馬睿】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

司馬睿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

司馬睿の関連情報

関連キーワード

タキトゥスアンチゴノス2世タキツスバフラム1世フロリアヌス稲尾和久人民元貿易とセキュリティーメンタルヘルス九州北部豪雨2017

他サービスで検索

「司馬睿」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.