Rakuten infoseek

辞書

【ゴウ】

デジタル大辞泉

ごう〔ガウ〕【号】
[名]
学者・文人・画家などが本名のほかに用いる名。雅号。
雑誌など定期刊行物の、それぞれの一冊をいう。「今度のが楽しみだ」
絵画(洋画)のカンバスの大きさの単位。
和文活字とその込め物の大きさの単位。初号は42ポイント。号の数が多くなるほど小さくなる。→号数活字
[接尾]
数詞に付いて、順序を示すのに用いる。「1」「3車」「5室」
乗り物や動物などの名前に付いて、それが名称であることを示す。「こだま」「タイタニック
新聞・雑誌など定期刊行物で、発行の順・月・季節や種別などに付いて、どのような種類のものであるかを示す。助数詞として用いることもある。「第2」「1月」「秋季」「臨時増刊
衣服のサイズを示すのに用いる。「9のスカート」
鍋・指輪・植木鉢など、円形の物のサイズを示すのに用いる。「5のホールケーキ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう【号〔號〕】[漢字項目]
[音]ゴウ(ガウ)(呉) [訓]さけぶ
学習漢字]3年
大声をあげる。「号泣号令呼号怒号
呼び名。「雅号元号国号山号称号商号尊号俳号
合図。しるし。「号砲暗号記号信号番号符号略号
順序・等級を表す語。「号外号数号俸創刊号

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごう【号】
[1]
画家・文人・学者などが、本名のほかにつける名。雅号。
雑誌など、定期的に発行されるもののそれぞれ。 次の-で完結する
活字の大きさの単位。 → 号数活字
カンバスの大きさを表す単位。0号が最小で、写真のキャビネ判よりやや大きいもの。
接尾
助数詞。雑誌など、定期的に発行されるものや、順序のあるものについて、順を追って数えるのに用いる。 三-で廃刊になった 一-車と二-車は禁煙車
列車・船・飛行機・動物などの名に付けて用いる。 ひかり-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

逐次刊行物の刊行単位.号は,刊行のを追って,3号,4号,あるいは5月号,6月号などとなる.数号でを構成する場合と号のみ(通号)の場合がある.前者では,一つの巻の中で,決まった号数が繰り返される.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごう ガウ【号】
[1] 〘名〙
① (古くは「こう」とも) 呼び名。名称。称号。通称。
※中右記‐天永三年(1112)一〇月一三日「新造皇居無指号
※尊卑分脈(14C中‐後)摂家相続孫「道長〈号御堂殿、又法成寺殿〉」 〔春秋左伝注‐僖公元年〕
② 特に、学者、文人、画家などが、本名、字(あざな)のほかに付ける名。雅号。
※史記抄(1477)一一「老子は号也」 〔後村題跋‐四〕
③ 雑誌などの、順序を追って発行するそれぞれをいう。
※落語・鉄拐(1890)〈禽語楼小さん〉「号を重ねるに従ひ漸漸(だんだん)お笑ひも薄く成りますし」
④ 絵画の画布の大きさの単位、一号をいう。→(二)⑤。
⑤ 汽笛や号砲。合図の音。
[2] 〘接尾〙
① 新聞、雑誌など定期刊行物で、発行の順、発行月、発行季節、また種別などの下に付けて、どのような種類のものかを示す。また、助数詞として用いることもある。「一月号」「臨時増刊号」
※新聞雑誌‐一号・明治四年(1871)五月「新聞雑誌定価 一号定価銀二匁当分一ケ月に三号宛出版」
② 列車、船、航空機、動物などの名前の下に付けて、それが名称であることを表わす。「こだま号」「タイタニック号」「神風号」
③ 順序のあるものの、その順序を示すために、数詞に付けて用いる。「第一号」「二号車」「三号室」
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「御存じの六号の書生が先日国へ帰るとき」
④ 活字の大きさを示すために数詞に付けて用いる。初号から始まって数が多くなるほど活字は小さくなる。
※校正の研究(1928)〈大阪毎日新聞社校正部〉五「わが基本活字は〈略〉これを五号といった」
⑤ 絵画で画布の大きさを示すために数詞に付けて用いる。一号から始まって数が多くなるほど大きくなる。
※和解(1917)〈志賀直哉〉八「十二号位の油絵の仕事を控へてゐる時だった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう‐・す ガウ‥【号】
〘他サ変〙 ⇒ごうする(号)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう‐・する ガウ‥【号】
〘他サ変〙 がう・す 〘他サ変〙 (古くは「こうす」)
① 名づける。称する。呼ぶ。
※続日本紀‐和銅四年(711)一二月丙午「因即号狛、実非真姓、請復本姓、許之」
今昔(1120頃か)三「其の国に仏出給へり、釈迦牟尼仏と号す」
② 「ごう(号)(一)①」として呼ぶ。号とする。
※史記抄(1477)一七「他の書に東郭先生と云は、東方朔が号したと云があるはすちない事ぞ」
③ 表向きそのように言いふらす。言いなす。称する。
※平家(13C前)一「忠盛朝臣、は相伝の郎従と号して、布衣の兵(つはもの)を殿上の小庭にめしおき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

号の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.