Rakuten infoseek

辞書

【ウ】

デジタル大辞泉

う【右】[漢字項目]
[音](呉) ユウ(イウ)(漢) [訓]みぎ
学習漢字]1年
〈ウ〉
みぎ。「右折右辺右腕右往左往
保守的なこと。「右傾右派右翼極右
野球で、右翼。ライト。「右飛・右中間
〈ユウ〉
みぎ。「机右左右座右
たっとぶ。「右文
補佐する。「右筆
〈みぎ〉「右腕右側右手右端
[名のり]あき・あきら・これ・すけ・たか・たすく
[難読]右近(うこん)左右(そう)左右(とかく)右(とにかく)・右手(めて)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みぎ【右】
東に向いたとき南にあたる方。大部分の人が、食事のとき箸(はし)を持つ側。右方。「四つ角をに曲がる」⇔
右方の手。みぎて。「を差して寄って出る」⇔
左手より右手の利くこと。右利き。「の速球派投手」⇔
野球の右翼。ライト。「越え本塁打」⇔
保守的な思想傾向があること。右翼。「寄りの党派」⇔
二つを比べてすぐれている方。
縦書きの文章でそれより前の部分、またはそれより前に記してある事柄。「に述べたとおり」
《御所から見て右側になるところから》京都の町で西側の部分。「の京」
歌合わせ・絵合わせなどで、右側の組。⇔
10 官職を左右に分けたときの右方。昔、中国では右を上席とし、日本の官位制度の中では左を上位とした。「の大臣(おとど)」⇔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みぎり【右】
《「ひだり」に合わせて「みぎ」に「り」を添えた語か》「みぎ」に同じ。
「夫人の―の脇より身の中に入り給ひぬ」〈今昔・一・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう【右】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みぎ【右】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みぎ【右】
空間を二分したときの一方の側。その人が北に向いていれば、東にあたる側。 ⇔ 「 -を向く」
(人の)体での側。また、その側の手・足など。 ⇔ 「 -投げ左打ち」
[1] (縦書きの文章で)前に記したこと。既述したこと。 「 -の通り相違ありません」
革新的な側に対して、保守的な側。右翼。 ⇔ 「 -に寄った考え」
歌合・相撲など左右に分かれてする競技で、右側の組。 「つひに-負けにけり/源氏 賢木
同じ職掌の官を左右二つに分けた時の下位の方。通常左を上位とした。 ⇔ 「左大臣亡せ給ひて-は左に/源氏 竹河
〔中国、戦国時代に、右側を上位として尊んだことから〕 上座・上席。また、すぐれている方。上位。 「三浦は千葉が-に立たん事を忿て/太平記 12

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みぎり【右】
みぎ。 「文を左にし武を-にす/平治

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


みぎ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みぎ【右】
〘名〙
① 正面を南に向けたときの西側にあたる側。人体を座標軸にしていう。人体で通常、心臓のある方と反対の側。また、東西に二分したときの西方。右方
※栄花(1028‐92頃)著るはわびしと嘆く女房「今朝見れば嘆き明せる涙にはみぎの袂ぞあらはれにける」
② 古く、官職を左右対称に区分したときの右方。通常左を上位とした。右大臣右大将など。
※源氏(1001‐14頃)竹河「左大臣うせ給て、右は左に、藤大納言、左大将かけ給へる、右大臣になり給」
③ 歌合など、左右に分かれてする勝負事で、右方。
※昌泰元年亭子院女郎花合(898)「花はみぎおとり、歌はみぎ勝ちにけり」
④ 雅楽の分類で、右楽をさしていう語。高麗楽。
※古今著聞集(1254)一三「舞人、〈略〉右、左少将公親朝臣、左少将俊通朝臣」
⑤ (古代中国で列位の右方を上席としたところから) 上座。上席。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)四「拙者迚も其右には座せ共、今日より浪人となり、妻子をはごくむ術なし」
⑥ からだの中央から右側にある手足や器官。
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)一四「よっぴきひょうとはなすやを、いちのやをば、みきでとり、二のやをば、ひたりでとり」
⑦ (②から転じて) 下座。
※読本・春雨物語(1808)死首のゑがほ「母と兄とすすめ、後に五曹の右に在て立ち走りするを」
⑧ (⑤から転じて) 二つを比べてすぐれている方、もしくは位の上位の方をいう。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「その威徳(いきほひ)遂にわが父の右(ミギ)にあるべし」
⑨ 縦書きの文書で、前に述べたこと。前条。前件。以上。
※万葉(8C後)一一・二三六二・左注「右十二首柿本朝臣人麻呂之歌集出」
※日葡辞書(1603‐04)「miguini(ミギニ) マウシタ ゴトク」
⑩ (⑨から転じて) 話などで、前に述べたこと。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)二「主人判官申付候故右の仕合、此通若狭助様へ御申上下さるべしと」
⑪ (「右の」の形で) 例の。あの。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「miguino(ミギノ) ニニンノ モノドモガ ヲカサヌ カヲデ マウスワ」
⑫ 保守的、反動的な思想傾向があること。また、その人。右翼。
※ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉ブラリズム「近ごろ中道ということがしきりといわれるが、あれは右でもあれば左でもあるというらしいから私とは大分違う」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みぎ‐・する【右】
〘自サ変〙 みぎ・す 〘自サ変〙 右の方へ行く。右の道をとる。〔名語記(1275)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みぎり【右】
〘名〙 (「ひだり」の語形に合わせて「みぎ」に「り」を添えた語か。また、一説に「にぎり」の変化したもので、「みぎ」の古い語形かとも) =みぎ(右)〔名語記(1275)〕
※禅鳳雑談(1513頃)上「右の足を左へ踏み越すやうにしてみきりへかへる、大きに見ゆる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

右の関連情報

他サービスで検索

「右」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.