Rakuten infoseek

辞書

史生【シショウ】

デジタル大辞泉

し‐しょう〔‐シヤウ〕【史生】
《「しじょう」とも》律令制で、中央諸官庁や諸国の主典(さかん)の下に属し、公文書書写や修理などに従った下級書記官一分(いちぶ)の官。ふみびと。しせい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐じょう〔‐ジヤウ〕【史生】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

史生
 律令[りつりょう]制度で四等官[しとうかん]の下に置かれた下級役人です。公文書を書写したり、浄書したりする書記官です。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ししょう【史生】
日本古代律令制の官職の一つ。諸司の四等官の下に属する下級官職で,公文書を浄書・複写装丁し,四等官の署名を集めることを職掌とする。交替勤務する内分番の官で,8年(のち6年)ごとに成績が審査される雑任(ぞうにん)の一つ。律令制のもとでの行政上の命令・報告の伝達は公文書で行われるのを原則としたから,上記のような職掌をもつ史生の事務は繁忙であった。しかし文書による行政方式をはじめて採用した大宝令(701成立)が編纂されたころは,まだそうした繁忙さが十分に予測されず,また職・寮・司などの下級官司の公文書はこれを管する省で作成する方針であったらしく,大宝令官制での史生は太政官および八省,諸国などの限られた官司に所属するにすぎなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ししょう【史生】
しじょうとも
律令制で、主典さかんの下で公文書の浄書・複写・装丁、四等官の署名を集めるなどの雑務に当たった下級の官。官位相当はない。ふびと。行署こうしよ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

史生
ししょう
「しじょう」ともいう。令制(りょうせい)の各官庁四等官の下で文書を書写・整備したり、文書に上官の署判を受けたりすることに従事した下級の書記。員数は官司の繁閑によって差があり、太政官(だいじょうかん)、中務(なかつかさ)・式部(しきぶ)省に各20人、治部(じぶ)・民部(みんぶ)・兵部(ひょうぶ)・刑部(ぎょうぶ)・宮内(くない)省に各10人、大蔵(おおくら)省に6人が置かれ、諸国では大宰府(だざいふ)に20人、大国・上国・中国・下国に各3人であった(「職員(しきいん)令」)。その任用は「選叙(せんじょ)令」に式部省の判補(はんぽ)と定められ、『延喜式(えんぎしき)』(式部省)では、各省が書算に巧みな雑色人(ぞうしきにん)(雑役に従事する下級職員)を試験し採用するとある。庸(よう)・調(ちょう)・雑徭(ぞうよう)を免除され(「賦役(ぶやく)令」)、8年間の勤務評定を総合して叙位され(「選叙令」)、その年数には変遷があった。[井上 薫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐しょう ‥シャウ【史生】
〘名〙 (「しじょう」とも) 太政官や八省など諸官司に置かれた下級の事務官。文書の書写や修理、雑用に使われた。主典(さかん)の下で四等官にはいらない。しせい。しょう。
万葉(8C後)三・四四三・題詞「天平元年己巳摂津国班田史生丈部龍麻呂自経死之時」
※能因本枕(10C終)一六〇「大饗の日の史生」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐じょう ‥ジャウ【史生】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐せい【史生】
〘名〙
② 下級文官、下級書記官をいう。〔広益熟字典(1874)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

史生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

史生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.