Rakuten infoseek

辞書

史料【シリョウ】

デジタル大辞泉

し‐りょう〔‐レウ〕【史料】
歴史研究の材料となる文献遺物などの総称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しりょう【史料】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しりょう【史料】
歴史を認識する素材。文献・遺物・遺跡・図像・口頭伝承など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

史料
しりょう
過去を認識するための素材となるものを史料という。史料のないところに歴史はないといわれ、われわれは過去を直接に感知することはできない。史料という媒介物を通じて過去に迫りうるのである。歴史学において一般に史料とよばれているものは、人間の行動や思考が残したさまざまな痕跡(こんせき)である。痕跡をとどめない事柄は始めからなかったのと同然になってしまうのである。過去を知るための痕跡が史料であるから、史料の範囲がどこからどこまでと明確に特定されるわけではない。人間が書いたもの、語ったもの、すなわち文献史料は、史料のなかでとくに優越した地位を占めている。古文書、古記録をはじめ、書籍、新聞、書簡などはすべて史料である。歴史学では、文書とは差出人と受取人のあるもの、記録とは日記やメモのように自分のために記したもの、編著とは著述や編纂(へんさん)物、と分けている。しかし、法律学では、文書とは文字や符号で書かれたもの全般をさしているように、文書と記録の間も実際には不明瞭(ふめいりょう)である。人間がつくったもの、人間が触れたもの、あるいは人間が行動すること自体、すべてが史料となりうる。歌謡の歌詞のみならずメロディも歴史家の関心によっては史料となりうる。口碑伝説から遺物、出土品、遺跡、風俗習慣のすべてが史料となりうる。史料について公的なものを一等史料、私的なものを二等史料とか、オリジナルなものに優先的な地位を与え、伝聞的なものを低くみるとか、史料の価値についての評価がさまざまであるが、史料は歴史家によって求められ、発見されて史料となるのであり、何が史料となるかはテーマによって異なる。[斉藤 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐りょう ‥レウ【史料】
〘名〙 歴史研究の素材となる文献、遺物、文書、日記、伝承、絵画、建築などの総称。「大日本史料」
※葬列(1906)〈石川啄木〉「北上河畔に於ける厨川柵を中心とした安倍氏勃興の史料について」 〔四庫提要‐史部伝記類存目〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

史料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

史料の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.