Rakuten infoseek

辞書

台割(り)【ダイワリ】

デジタル大辞泉

だい‐わり【台割(り)】
雑誌・書籍の印刷の際、1回で印刷される版面数のり振り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だい‐わり【台割】
〘名〙
① 雑誌・図書の印刷で印刷機が一回転して刷り上げる紙面に載せるページ数の割り振り。
② 編集用語。①で割り振られたページ数の組合せにより雑誌・図書を編成した際の、その順序、またはそれによる担当。〔校正ハンドブック(1958)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐われ【台割】
〘名〙 取引相場で相場が値下がりして、それまでの相場の下の台に落ちること。たとえば、八〇円台から七〇円台に落ちるなど。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉手形の手品師「二度も台割(ダイワ)れのした不景気な株を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台割(り)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

台割(り)の関連情報

他サービスで検索

「台割(り)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.