Rakuten infoseek

辞書

召使【めしつかい】

世界大百科事典 第2版

めしつかい【召使】
一般には,宮中に召されて使われた身分の低い官人や下男,下女などの奉公人を指すが,ここではヨーロッパことにイギリスの,家事労働に従事する使用人servantとしての召使を扱う。日本では,その存在形態が多様で一概には論じられないが,〈下人(げにん)〉の項目を参照されたい。 歴史的には,古代では奴隷が,中世荘園制では農奴が召使の役割を果たしたが,農奴制消滅につれて,戸内戸外の家事労働に従事し,その代償として賃金を取得する家事使用人が現れた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

めし‐つか・う ‥つかふ【召使】
〘他ワ五(ハ四)〙 人を身近に召し出して使う。また、身のまわりの世話や家の中の仕事など、身近な仕事をさせるために使う。
※九暦‐九条殿記・菊花宴・天暦四年(950)一〇月八日「又師氏朝臣日来有恐不参、可召遣之由同奉仰」
※史記抄(1477)八「郎中なんとの中てめしつかわるる様な者はさのみ多くなくとも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

召使」の用語解説はコトバンクが提供しています。

召使の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.