Rakuten infoseek

辞書

句合【くあわせ】

大辞林 第三版

くあわせ【句合】
歌合うたあわせにならい、左右に分かれた組から一句ずつ発句を出して優劣を競うもの。その優劣は判者が判定する場合と衆議判による場合とがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くあわせ【句合】
歌合形式にならい,俳諧発句を左右に番(つが)えて優劣を競うもの。作者は個人と多数のときがある。有名俳人に判者を仰ぐ一般的方法以外に,作者が集まり,その議論に従う〈衆議判(しゆぎはん)〉や作者自身が判者となる場合もあり形式は多様である。歌合と同じく,優れた方を勝ち,優劣が決められないときは持(じ)とし,判定の理由を判詞として書くのが一般であるが,これまた多様である。1656年(明暦2)の季吟判《俳諧合》が版本として最も古いが,発生は寛永(1624‐44)ごろまでさかのぼりうるかもしれない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

句合
くあわせ
俳句2句を左右に並べて優劣を競い、勝ち負けを決め、記録したもの。歌合に倣ったもので、主として江戸時代に行われた。判定する人を判者(はんじゃ)といい、優れた句を勝ち、引き分けを持(じ)とし、判定理由を示す判詞を添えた。判詞は単純な寸評もあるが、文芸批評といえるようなものや、それ自体が一種の文芸的表現となっているものもある。1組の2句を一番といい、数十番の句合がひとまとまりとなっていることが多い。北村季吟判による『俳諧合(はいかいあわせ)』(1656)が、刊行されたものとしてはもっとも古く、芭蕉(ばしょう)の処女出版『貝おほひ』(1672)も句合である。芭蕉の門下には句合が多く、其角(きかく)の『田舎句合(いなかのくあわせ)』(1680)、杉風(さんぷう)の『常盤屋句合(ときわやのくあわせ)』(1680)がよく知られている。[山下一海]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐あわせ ‥あはせ【句合】
〘名〙 歌合や連歌合にならって、俳諧の発句(ほっく)、まれには付句(つけく)を左右に対比してその優劣を定め、判詞を付けたもの。発句合(ほっくあわせ)
※俳諧・十八番発句合(1678)跋「前後十八番の句合〈略〉物定の博士にさされ侍る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

句合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

句合の関連情報

他サービスで検索

「句合」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.