Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

古点【コテン】

デジタル大辞泉

こ‐てん【古点】
漢籍・仏典などに施された古い訓点。主として平安時代のもの。
天暦5年(951)、源順(みなもとのしたごう)清原元輔(きよはらのもとすけ)らの梨壺(なしつぼ)の五人万葉集につけた訓点。→次点新点

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐てん【古点】
〘名〙
① 仏経、漢籍等に、古注の解釈によって施した訓点。主に室町以前の訓点をいい、新注による桂庵、文之、道春等と区別するものである。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「漢書の古点、説士と云は、点の誤乎」
② 梨壺の五人(清原元輔・大中臣能宣・源順・紀時文・坂上望城)が、勅命により初めて万葉集の歌に付した訓点。大江匡房等の次点、仙覚律師の新点などに対していう。〔万葉集古義(1844頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.