Rakuten infoseek

辞書

古瀬戸【こせと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古瀬戸
こせと
鎌倉・室町時代に愛知県瀬戸地方を中心として焼かれた陶器 (→瀬戸焼 ) 。表面を鉄基調とした黄褐色や黄緑色の釉 (うわぐすり) でおおっている。釉下に草花文や幾何文を刻線や印文で表わしたり,また張付文様で飾ったものもある。加藤四郎左衛門景正が中国の青磁にならって創始したといわれる。器形は初期の頃は水瓶,仏花器,香炉茶碗など社寺用品であったが,次第に日常雑器が焼かれるようになり,鎌倉・室町時代における代表的な施釉陶器となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐せと【古瀬戸】
瀬戸焼のうち、鎌倉・室町時代に焼かれたもの。釉(うわぐすり)は灰釉(かいゆう)・飴釉(あめゆう)を用いた。
茶道で、鎌倉時代の初代藤四郎(加藤景正(かとうかげまさ))作と称する茶入れ・茶壺の類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こせと【古瀬戸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こせと【古瀬戸】
愛知県の瀬戸で鎌倉末期から室町末期頃まで焼かれた陶器。釉うわぐすりは、灰釉はいぐすりか飴釉あめぐすりが用いられている。 → 古瀬戸ふるせと

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふるせと【古瀬戸】
尾張国瀬戸の初代藤四郎作の陶器、および同種の黒い天目釉てんもくゆうの陶器の称。大瀬戸と小瀬戸がある。 → 古瀬戸こせと

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

古瀬戸
こせと
中世から近世初頭までの瀬戸焼の製品を俗に「古瀬戸」と称している。瀬戸焼は鎌倉時代を迎えた13世紀に入って、愛知県の猿投窯(さなげよう)の延長上に発展して開窯した窯であり、瀬戸盆地一帯に古窯址(こようし)が密集している。輸入された中国陶磁の模倣を基本にして、中世にあっては唯一の施釉(せゆう)した高級器皿を焼く窯として焼造活動を行い、全国に製品を販売した。釉は灰釉(かいゆう)を基調とし、鉄を加えた黒褐釉を14世紀初頭に開発した。[矢部良明]
『井上喜久男著『名宝日本の美術12 古瀬戸と古備前』(1981・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐せと【古瀬戸】
〘名〙
① 瀬戸(愛知県瀬戸市)で鎌倉時代から室町末期頃まで焼かれた陶器。釉(うわぐすり)は黄緑色の灰釉か褐色の鉄釉。
※俳諧・幽蘭集(1799)「治めかねたる儒者の小宅〈工山〉 六経のはなを古瀬戸に秘蔵せむ〈如行〉」
② 茶道では初代藤四郎(加藤景正)作と称する茶器類。特に茶入をさす場合が多い。
※古今名物類聚(1789‐91)一「元祖を古瀬戸と称し、二代目を藤四郎と称するは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふる‐せと【古瀬戸】
〘名〙 中世、愛知県瀬戸地方で多くつくられた陶器。こせと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古瀬戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古瀬戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.