Rakuten infoseek

辞書

古湯温泉【ふるゆおんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古湯温泉
ふるゆおんせん
佐賀県北部,佐賀市川上川 (→嘉瀬川 ) と貝野川の合流点付近にある温泉。泉質単純泉泉温は 35~43℃。共同浴場があり,慢性リウマチ,神経痛などに効能があるといわれる。国民保養温泉地に指定されている。コイ料理が名物。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

古湯温泉
佐賀県佐賀市、川上川(嘉瀬川)、貝野川、須田川の合流地点にある温泉。古くからの湯治場として知られ、歌人斎藤茂吉洋画家青木繁などが滞在した。1966年、熊の川温泉とともに国民保養温泉地に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古湯温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古湯温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.