Rakuten infoseek

辞書

古湯・熊の川温泉【ふるゆくまのかわおんせん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

古湯・熊の川温泉
ふるゆくまのかわおんせん
佐賀市富士町古湯(ふじちょうふるゆ)と富士町上熊川(かみくまかわ)にある山峡の温泉。佐賀市街地北方約10キロメートルの川上(かわかみ)峡から、国道323号で脊振(せふり)山地の川上川渓谷(嘉瀬(かせ)川渓谷)を約8キロメートルさかのぼると、中国の文学者郭沫若(かくまつじゃく)が留学中滞在した熊の川温泉がある。さらに峡谷を約4キロメートルさかのぼると、斎藤茂吉(もきち)の歌碑が立つ古湯温泉に出る。古湯・熊の川温泉郷として国民保養温泉地に指定される。古湯は単純温泉、熊の川は放射能泉。古くからの湯治場で、佐賀平野部の奥座敷といわれ、川上金立県立自然公園(かわかみきんりゅうけんりつしぜんこうえん)の景勝地にある。[川崎 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古湯・熊の川温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古湯・熊の川温泉の関連情報

他サービスで検索

「古湯・熊の川温泉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.