Rakuten infoseek

辞書

古河力作【ふるかわ りきさく】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

古河力作 ふるかわ-りきさく
1884-1911 明治時代の無政府主義者。
明治17年6月14日生まれ。36年上京して滝野川の園芸場につとめる。社会主義に関心をもち,42年幸徳秋水の「自由思想」の印刷名義人となった。翌年大逆事件で検挙され,明治44年1月24日処刑された。28歳。福井県出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふるかわりきさく【古河力作】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

古河力作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古河力作の関連情報

関連キーワード

牧野省三スベルドラップ(Johan Sverdrup)桂太郎内閣ランデール清仏戦争清元梅吉オスラー嘉納治五郎シェンキェビッチニールセン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.