Rakuten infoseek

辞書

古気候【こきこう】

大辞林 第三版

こきこう【古気候】
現在の気候に対し、過去の気候のこと。過去の気候を研究する学問が古気候学。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐きこう【古気候】
過去の気候。現在の気候に対し、特に地質時代の気候を指す。繰り返し起きた氷期間氷期をはじめ、過去気候変動を研究する学問分野は古気候学とよばれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こきこう【古気候】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

古気候
こきこう
地質時代における気候。動植物化石の種類、動物相、古植物相とその分布、氷河遺跡、酸素の同位体(アイソトープ)比、堆積(たいせき)岩・堆積物の性質と堆積環境、地形、古地磁気、炭素14年代測定(炭素14法)などの手段を用いて研究される。実際に推定が可能で研究の対象になっているのは、露頭やボーリング・コアの連続試料を用いての古気候(古植生)の変遷や温度(古水温)変化、気候帯を特徴づける示相化石や堆積物(岩)の分布を手がかりに過去の気候帯の特定(たとえば浅海生物礁石灰岩の分布から地質時代の熱帯域を特定するなど)、風成塵(じん)や黄土(レス)、黒土堆積物の分析から乾燥気候(氷期)および湿潤気候(間氷期)、風向などを明らかにする研究などである。たとえば、ラテライトという土壌は、岩石が著しく風化して、鉄とアルミニウムに富むようになった赤褐色の土壌であるが、温暖で雨期と乾期が交互に訪れるモンスーン(季節風)地方、サバンナ地方によく発達する。現在の日本では九州最南端がその分布の北限であるが、更新統中には日本各地からこの土壌がみられる。したがって、この土壌が形成された時期は更新世(洪積世)の氷河時代中の間氷期にあたり、日本は温暖であったと考えられる。
 地球の過去には、この第四紀更新世のほかにも、数多くの氷河時代があり、とりわけ先カンブリア時代最末期と古生代ペルム紀(二畳紀)に大規模な氷河時代があったことが知られている。[阿部勝巳・小澤智生]
『鈴木秀夫著『氷河期の気候』(1977・古今書院) ▽町田洋・大場忠道・小野昭・山崎晴雄・河村善也・百原新編著『第四紀学』(2003・朝倉書店) ▽安田喜憲著『気候変動の文明史』(2004・NTT出版) ▽ブライアン・フェイガン著、東郷えりか訳『古代文明と気候大変動――人類の運命を変えた二万年史』(2005・河出書房新社) ▽成瀬敏郎著『世界の黄砂・風成塵』(2007・築地書館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古気候」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古気候の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.