Rakuten infoseek

辞書

古川緑波【ふるかわろっぱ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古川緑波
ふるかわろっぱ
[生]1903.8.13. 東京
[没]1961.1.16. 東京
喜劇俳優。本名郁郎。男爵加藤照麿の6男。早稲田大学中退。雑誌『映画時代』の記者から,菊池寛にすすめられて俳優に転じ,1932年宝塚中劇場で初舞台。翌年浅草の常盤座に誕生した「笑の王国」に徳川夢声大辻司郎らと参加。東宝に引抜かれて,35年ロッパ一座を結成,『ガラマサどん』でヒットし,『ロッパと兵隊』『道修 (どしょう) 町』『花咲く港』など,菊田一夫という作者を得て,哀愁漂う爆笑劇を次々に発表,エノケン一座と人気を二分した。有楽座を本拠として「丸の内の笑王」と呼ばれ,第2次世界大戦末期に全盛を誇った。著書に『ロッパ自叙伝』 (1938) ,『劇書ノート』 (53) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふるかわ‐ろっぱ〔ふるかはロクパ〕【古川緑波】
[1903~1961]喜劇俳優。東京の生まれ。本名、郁郎。舞台・映画に活躍し、レビュー喜劇の発展に尽くした。「声帯模写」の語を初めて用いた。古川ロッパ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

古川緑波 ふるかわ-ろっぱ
1903-1961 昭和時代の喜劇俳優。
明治36年8月13日生まれ。加藤照麿(てるまろ)の6男。加藤弘之(ひろゆき)の孫。大正15年声色(こわいろ)を声帯模写と名づけて芸を確立,昭和8年徳川夢声らと笑の王国を結成。10年東宝傘下にはいり,映画,舞台で活躍し,榎本(えのもと)健一とならぶ人気者となった。昭和36年1月16日死去。57歳。東京出身。早大中退。本名は郁郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふるかわろっぱ【古川緑波】
1903‐61(明治36‐昭和36)
喜劇俳優。加藤男爵家に生まれたが,古川家に養子に出され,早大入学前後から映画評論や映画雑誌の編集をするようになった。そのころ声帯模写と命名した芸を始め,それがこうじてプロになり,1933年徳川夢声らと浅草で喜劇団〈笑いの王国〉を結成した。ロッパと愛称されてエノケンこと榎本健一と並ぶ人気者になった。その解散(1943)後は映画や東宝傘下の〈緑波一座〉で人気を高め,戦後も映画や舞台で活躍したが,ことに51年のNHKの連続放送劇《さくらんぼ大将》で国民的な支持を得た。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふるかわろっぱ【古川緑波】
1903~1961) 喜劇俳優。東京生まれ。徳川夢声のナヤマシ会に参加、声帯模写で人気を得る。笑いの王国、古川緑波一座を結成、榎本健一と並び称された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

古川緑波
ふるかわろっぱ
(1903―1961)
喜劇俳優。ロッパとも書く。本名郁郎(いくろう)。男爵加藤照磨の六男として東京に生まれ、古川家の養子となる。早稲田(わせだ)大学英文科中退。在学中すでに映画雑誌の記者を勤め、PR映画にも主演、また小林一三(いちぞう)の勧めで1932年(昭和7)宝塚の舞台を踏む。当時より物真似(まね)、声色(こわいろ)を得意とし、これにモダン声色の意味で「声帯模写(せいたいもしゃ)」と名づけた。その後、「喜劇爆笑隊」「笑の王国」を経て35年東宝傘下にロッパ一座を結成、舞台と映画で活躍。博識で文才にも長じ、脚本、随筆などの著作も多い。晩年は不振であった。[向井爽也]
『『古川ロッパ昭和日記』全三巻・補巻1(1987~89・晶文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふるかわ‐ろっぱ【古川緑波】
喜劇俳優。本名郁郎。東京出身。映画雑誌の記者から俳優に転じ、ロッパ一座を結成してエノケン(榎本健一)と並ぶ人気者となった。脚本、随筆など著作も多い。明治三六~昭和三六年(一九〇三‐六一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古川緑波」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古川緑波の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)常用漢字アルビヌス漢の時代(年表)ドビュッシーマッキム・ミード&ホワイトグアンタナモ基地岐阜(県)オブレノビチ家ロシア映画

他サービスで検索

「古川緑波」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.