Rakuten infoseek

辞書

古刀【ことう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古刀
ことう
日本刀剣史上,奈良時代以前の平造 (ひらづくり) および切刃造直刀上古刀,平安時代以降,桃山時代以前の鎬造 (しのぎづくり) を主とした彎刀を古刀という。 (→ )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐とう〔‐タウ〕【古刀】
古い刀剣。
特に、慶長年間(1596~1615)以前に作られた刀剣の称。→新刀

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ことう【古刀】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ことう【古刀】
古い刀剣。
日本刀の時代区分の一。新刀に対応する名称。平安中期の日本刀(彎刀)完成期から安土桃山時代までの作刀をいい、時代色・地方色が著しい。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐とう ‥タウ【古刀】
〘名〙
① 古い刀や剣。
※随筆・桂林漫録(1800)下「蝦夷の古墳を発きて、古刀二把を得たる人あり」 〔礼記疏‐郊特牲〕
② 日本刀で、慶長(一五九六‐一六一五)以前の刀をいう。主に刀剣の鑑定家が用いる語。ふるみ。⇔新刀
※落語・首屋(1896)〈四代目橘家円喬〉「確かに古刀(コトウ)とは見るが、切れるか切れないか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古刀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古刀の関連情報

他サービスで検索

「古刀」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.