Rakuten infoseek

辞書

古代教会スラブ語【こだいきょうかいスラブご】

大辞林 第三版

こだいきょうかいスラブご【古代教会スラブ語】
一〇~一一世紀にかけて、ブルガリア地方やマケドニア地方などで教会福音書の写本に用いられた言語。スラブ諸語の祖語の性質を数多く残している。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こだいきょうかいスラブご【古代教会スラブ語 Old Church Slavic】
9世紀中ごろキュリロス(スラブ名キリル)と兄のメトディオス(スラブ名メトディイ)によりスラブ語の文字が作り出されてからの,人為的に定められた11世紀末までのスラブ語の文献の言語で,スラブ語派中最古の文献の言語で文語である。この時代の文献でも個々のスラブ語の特徴が顕著な場合には,それを除くのが慣例で,国や学者によっていくらか範囲が異なっている。またこの時代に存在したと考えられるが,たまたま文献に出ていない形を含めて広く考える考え方もあり,その場合を考慮して〈古代スラブ語〉と呼ぶこともある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

世界の主要言語がわかる事典

こだいきょうかいスラブご【古代教会スラブ語】
9~11世紀のスラブ語の教会関連文献にみられる言語で、スラブ語派の最古の文語。863年モラビア(チェコ東部)に伝道のために派遣されたギリシア僧兄弟キュリロスとメトディオスが、当時のスラブ語を表記すべく考案した文字(グラゴール文字)と、キリル文字で記述されている。古いスラブ語の特徴を保持した屈折型の言語(屈折語)で、比較言語学ではスラブ祖語の代わりに用いられる。歴史的にはロシア語の発達に大きな影響を与えた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

古代教会スラブ語
こだいきょうかいすらぶご
9世紀後半に成立した最古のスラブ文語。時期的には10世紀から12世紀にかけて、場所的には西スラブのモラビア、パンノニアと南スラブのブルガリア、マケドニアとにまたがって、聖書、典礼書、聖者伝などの教会文書の写本にみられる文章語としての中世スラブ語。写本はブルガリアで作成されたものが多く、南スラブ語的特徴を備えているために、古代ブルガリア語とよばれることもある。ビザンティン文化とギリシア正教の伝統の根強いロシア、ウクライナ、ブルガリア、セルビアなどにおいて今日なお教会の典礼用言語として用いられている後代の教会スラブ語とは、厳密には区別される。
 古代教会スラブ語は、ビザンティン皇帝の命により、862年ごろ、西スラブ人の国モラビアに宣教のため派遣されたギリシア人の学僧キリロス(スラブ名キリル)、メトディオス兄弟が、当時のスラブ語の表記に適した体系的な文字(グラゴール文字)を考案し、教会文献のスラブ語への翻訳を試みたことを契機として成立した。スラブ祖語に近い形態と構造を保持しているため、歴史・比較言語学の資料として重要であり、現代ロシア文語の成立の基ともなった。[栗原成郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古代教会スラブ語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古代教会スラブ語の関連情報

他サービスで検索

「古代教会スラブ語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.