Rakuten infoseek

辞書

古九谷古窯址【こくたにこようし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古九谷古窯址
こくたにこようし
石川県加賀市に存在し,江戸時代前期に磁器を焼いた窯跡大聖寺川と杉ノ水川の合流地点の山麓にある。2基の階段状連房式登り窯が調査された。1号窯は 13室の焼成室と燃焼室 (胴木間) からなり,全長 34m以上。 17世紀中頃に開かれた。2号窯は6室の焼成室と燃焼室からなり,全長 13.7m。1号窯より新しく,18世紀初期に廃絶したと考えられる。物原からおびただしい皿,鉢,碗そのほかの破片が発見された。種類は白磁染付青磁瑠璃釉磁,鉄釉磁などであるが,白磁が圧倒的に多い。古九谷素地を焼成した窯である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古九谷古窯址」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古九谷古窯址の関連情報

他サービスで検索

「古九谷古窯址」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.