Rakuten infoseek

辞書

古アジア諸語【こアジアしょご】

大辞林 第三版

こアジアしょご【古アジア諸語】
沿海州から北東アジアにかけて孤立的に分布するギリヤーク語・ユカギール語・チュクチ語など少数民族の言語の総称。少数の同系言語から成るいくつかの語族と、全く孤立した言語とがある。旧アジア諸語。旧シベリア諸語。極北諸語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典

こアジアしょご【古アジア諸語】
アジアの極北地帯で話され、周辺のアルタイ諸語にもウラル語族にも属さない少数民族の言語の総称。それらより古い言語との推定もある。ケット語(エニセイ川中流域)、ニブフ語(アムール川下流域とサハリン)、ユカギール語(コリマ川とインディギルカ川周辺)の3つの孤立した言語と、チュクチカムチャツカ語族(シベリア東端部)、エスキモーアレウト語族(シベリア東端部、アラスカ、カナダ、グリーンランド)の2つの小語族が含まれる。これらは全体が一つの語族をなしているわけではないが、膠着語的など共通する特徴もある。アイヌ語がここに含められたこともある。◇英語でPaleo-Asiatic。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古アジア諸語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古アジア諸語の関連情報

他サービスで検索

「古アジア諸語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.