Rakuten infoseek

辞書

口笛【クチブエ】

デジタル大辞泉

くち‐ぶえ【口笛】
唇をすぼめ、または指を口に当てたり入れたりして息を強く吹き、のようなを出すこと。また、その音。「口笛を吹く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

口笛
日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンド、Mr.Children。2000年発売。作詞・作曲:桜井和寿。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くちぶえ【口笛】
口をすぼめて、息を強く出して笛のような音をたてること。また、指笛のこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

口笛
くちぶえ
口をすぼめ、呼気や吸気で口腔(こうくう)内に気流をおこし、笛のような音を発音すること、またはその音。補助的に指を使用する場合は指笛とよび区別する。口笛は合奏に用いることもあるが、個人的に旋律を再現して楽しむ場合に多く用いられる。それは個人の満ち足りた気分の表示としばしば解釈される。また、平静を装ったり、周囲を牽制(けんせい)するために吹くこともある。より普遍的には、狩猟などで人間同士が連携体勢を強めるための合図や信号伝達に使われる。さらに、犬や鳥など人間以外の動物との意志の交流にも役だつ。人体楽器として音楽に使われた例では、プライヤー作曲『口笛吹きと小犬』が有名である。[藤田隆則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くち‐ぶえ【口笛】
〘名〙
① 口をすぼめ、あるいは、指を口に入れたり当てたりして、息を強く吹き笛のように鳴らすこと。また、笛のかわりに旋律の譜を口で唱えること。
※八帖花伝書(1573‐92)八「つづみ・手拍子・口笛にて、けいこすべし」
※偸盗(1917)〈芥川龍之介〉七「左手の指を口へ含んで、鋭く二声、口笛の音を飛ばせた」
② 口をつかって吹く笛。呼子など。
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉一「やがて車掌の鳴らす口笛(クチブエ)が長い列車の果から果迄響き渡った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口笛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

口笛の関連情報

他サービスで検索

「口笛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.