Rakuten infoseek

辞書

口火【クチビ】

デジタル大辞泉

くち‐び【口火】
爆薬やガス器具などに点火するのに用いる火。
物事の起こるきっかけや原因。「事故が騒ぎの口火となる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くちび【口火】
ガス器具の点火に使う種火たねび。パイロットバーナー。
爆発物や火縄銃の点火に使う火。
(比喩的に)物事が起こるきっかけ。 相手のエラーが-となって大量得点した
[句項目] 口火を切る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

口火 (クチビ)
動物。ハマフエフキの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くち‐び【口火】
〘名〙
① 火縄銃の火蓋に用いる火。また、爆薬を爆発させるためのもととなる火。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
② ガス器具を点火するもととなる小さな火。
③ (比喩的に) 物事の起こるきっかけや原因。
※雑嚢(1914)〈桜井忠温〉二六「この二人の若者が欧亜大禍乱の口火(クチビ)であったかと思ふと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口火」の用語解説はコトバンクが提供しています。

口火の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.