Rakuten infoseek

辞書

受理【じゅり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

受理
じゅり
行政庁他人の届け出,申請,申立てなどを有効な行為として受領する行為。受理は,単純な事実である到達とは異なり,行政庁の判断の表示である。受理によってどのような法律効果を生じるかは法律の定めるところによる。たとえば,婚姻の届け出の受理により婚姻の効果が発生し,異議申立ての受理により決定すべき行政庁の義務が生じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅ‐り【受理】
[名](スル)提出された願書・届け・訴状などを受け取って処理すること。「婚姻届を受理する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅり【受理】
行政庁その他公の機関が,みずからに対してなされた届出,申請等の表示行為を有効なものとして受領すること。表示行為の単なる到達や受付(文書収受等)とは異なる。また,ある申請が有効に成立していることを前提としてその申請を認容したり拒否したりすることも,申請の受理ないし不受理(受理の拒否)とは区別されなければならない。法令上,行政庁による受理が届出,申請等の成立あるいは効力発生の要件とされている場合には,受理は行政行為性質をもつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅり【受理】
スル
書類・届け・願い事などを受けつけること。 辞表を-する 請願を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅ‐り【受理】
〘名〙 受けとって処理すること。受けつけて審理すること。提出された願書、辞表、訴状などの書類を受け収めること。
※権記‐寛弘八年(1011)四月二七日「至于転任、受理之者不浄不」 〔唐庾‐大熟行詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

受理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

受理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.