Rakuten infoseek

辞書

取消権【トリケシケン】

デジタル大辞泉

とりけし‐けん【取消権】
形成権一種法律行為の取り消しの意思表示をなしうる権利。制限行為能力者詐欺強迫などを受けて意思表示をしたなど、一定の者に認められる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とりけし‐けん【取消権】
〘名〙 私法上、法律行為の取消ができる権利。意思表示に何らかの瑕疵(かし)のある場合など、一定の原因があるときに認められる。
※民法(明治二九年)(1896)一二六条「取消権は追認を為すことを得る時より五年間之を行はさるときは時効に因りて消滅す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

取消権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

取消権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.