Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

取次【しゅじ】

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐じ【取次】
〘名〙
① 次第に順を追うこと。次々と順を追って進むこと。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉九「梅花先づ郊村に綻びて、〈略〉桜杏梨、二十四番取次に乱開し」
② きままなこと。随意。また、ついでのまま。
※明極楚俊遺稿(14C中か)和喜舟到岸「白沙路上無青草。緩歩何妨取次行」 〔白居易‐病仮中龐少尹攜魚酒相過詩〕
[補注]②については、「読・南総里見八犬伝‐四」に、「言の後先(しりくち)取次なる」とあり、「取次」にシドロの訓が付けられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とり‐つぎ【取次】
〘名〙
① 両方の者の間にいて、物事を伝えること。また、その人。なかだちをする人。商取引で、商品売買の仲介にもいう。
※清慎公集(970頃)「とりつきなどは、御つきづきのむすめたちなどぞしたまひける」
② 特に、営業的商行為の一種で、自己の名で委託販売などを行なうが、計算(損益)は委託者に帰する取引行為のこと。
※商法(明治三二年)(1899)二六四条「仲立又は取次に関する行為」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とり‐つ・ぐ【取次】
〘他ガ五(四)〙
① 中間に立って、一方から他方へ物事を伝達する。一方から受けて他方に送る。取り伝う。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「下づかへはみすのもとまでとりつぎ、童は御前に参り」
② 問屋や製造元から商品を仕入れて他に売る。
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉五「雑誌もその書店が取り次いで送ってくれるのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

取次
出版取次」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

図書館情報学用語辞典 第5版

取次

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

取次」の用語解説はコトバンクが提供しています。

取次の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.