Rakuten infoseek

辞書

取得【シュトク】

デジタル大辞泉

しゅ‐とく【取得】
[名](スル)手に入れること。ある資格・権利・物品などを自分のものとして得ること。「免許を取得する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とり‐どく【取(り)得/取(り)徳】
取っただけ自分の利益になること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典

取得
合併・株式交換・会社分割などを行った際の企業結合類型の一つ。ある企業が他の企業や事業の支配権を獲得して1つの報告単位にすることを「取得」という。この「取得」で企業結合を行った場合、会計処理には「パーチェス法」が適用される。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

大辞林 第三版

しゅとく【取得】
( 名 ) スル
自分の物とすること。手に入れること。 「卒業単位を-する」 「不動産の-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐とく【取得】
〘名〙 自分の所有とすること。手に入れること。
※民法(明治二九年)(1896)一八〇条「占有権は自己の為めにする意思を以て物を所持するに因りて之を取得す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

取得」の用語解説はコトバンクが提供しています。

取得の関連情報

他サービスで検索

「取得」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.