Rakuten infoseek

辞書

収〔收〕【シュウ】

デジタル大辞泉

しゅう【収〔收〕】[漢字項目]
[音]シュウ(シウ)(漢) [訓]おさめる おさまる
学習漢字]6年
取り入れる。取りこむ。おさめる。「収益収穫収入収容収録収賄回収吸収徴収撤収買収領収
取りまとめる。まとまる。「収拾収束
とり押さえる。「収監押収
引きしまる。「収縮収斂(しゅうれん)
手に入る金銭。取り高。「収支月収減収増収年収
[名のり]おさむ・かず・さね・すすむ・なお・なか・のぶ・もと・もり・もろ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おさむ【収】
暦注の十二直の一。田猟・五穀収納などに吉、葬儀・旅行などに凶という日。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おさん をさん【収】
〘名〙 江戸時代、仮名暦の中段にしるされた日々の吉凶を示す十二直(じゅうにちょく)の一つ。諸事に吉であるとされている日。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻八上「おさんばかりで暦には茂兵へなし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう シウ【収】
〘名〙 農作物などを、取り入れたもの。収穫。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「此他猶大麻、亜麻、楓糖、楓蜜、及び秣草の収あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

収〔收〕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

収〔收〕の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.