Rakuten infoseek

辞書

収斂【しゅうれん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

収斂
しゅうれん
収束」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅう‐れん〔シウ‐〕【収×斂】
[名](スル)
縮むこと。引き締まること。また、縮めること。収縮。「血管を収斂させる」
一つにまとまること。また、まとめること。集約。「意見が収斂される」
租税などを取り立てること。
生物学で、系統の異なる生物どうしが、近似した形質をもつ方向へと進化する現象。相近。
収束23」の旧称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅうれん【収斂】
( 名 ) スル
ちぢむこと。ちぢめること。 「血管の-が起こる」
〘数〙 「収束しゆうそく」に同じ。
〘物〙 「集束しゆうそく」に同じ。
系統の異なる生物が、次第に似た形質をもつように進化すること。相近。
租税を取り立てること。収税。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐れん シウ‥【収斂】
〘名〙
① あつめ、ひきしめること。また、収縮すること。収縮させること。また比喩的に、多くの要素・条件などがある一つのものに集約すること。
※藤樹文集(1648頃)五「窮経之法、以斂身心而立至徳之大本主」
② 穀物などをとりおさめること。収穫。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔荘子‐譲王〕
③ 租税を取り立てること。収税
※続日本紀‐養老五年(721)六月乙酉「京及諸国、因官人月俸、収斂軽税
※輿地誌略(1826)一「千五百年代の末、玉凾抜人呂(ヨハンバシロ)王収斂を好で、人民を愛せず、管内の乱を致す」 〔礼記‐月令〕
④ =しゅうそく(収束)③〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

収斂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

収斂の関連情報

他サービスで検索

「収斂」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.