Rakuten infoseek

辞書

反/段【タン】

デジタル大辞泉

たん【反/段】
(「端」とも書く)布類の長さの単位。鯨尺で幅9寸(約34センチ)、長さ2丈6尺から2丈8尺(約10メートル)。だいたい一人分の衣服に要する長さ。
土地の面積の単位。1町の10分の1(約10アール)。10畝、また、300歩。もとは360歩。
距離の単位。6間(約11メートル)。
和船の帆の幅をいう単位。おおよそむしろ1枚の幅で、3尺(約91センチ)。「だん(段)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん【反】[漢字項目]
はん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【反】
[名]
反定立(はんていりつ)
反切(はんせつ)」の
[接頭]名詞に付く。
それとは反対の、それに反対するの意を表す。「体制」「主流派」
それに合致しない、それに背くなどの意を表す。「道徳」「社会的」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【反】[漢字項目]
[音]ハン(漢) ホン(呉) タン(慣) [訓]そる そらす かえる かえす かえって
学習漢字]3年
〈ハン〉
はねかえる。はねかえす。「反映反響反射反応(はんのう)
繰りかえす。「反芻(はんすう)反復
ひっくりかえる。ひっくりかえす。「反側反転
振りかえってみる。「反省
逆の事をする。対立する。逆。「反感反攻反抗反戦反対反面反目反問違反
(「」と通用)そむく。「反旗反逆反徒反乱離反
漢字音の表記法の一。「反切
〈ホン〉(「」と通用)そむく。「謀反(むほん)
〈タン〉
布類の長さの単位。「反物(たんもの)
土地の面積の単位。約10アール。「反収反別減反
[補説]1は「端」、2は「段(たん)」の音借字。
[名のり]そり
[難読]反吐(へど)反古(ほご)反故(ほご)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほん【反/叛】[漢字項目]
〈反〉⇒はん
〈叛〉⇒はん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はん【反】
[1]
「反切はんせつ」の略。
ある肯定的主張に対立する否定的主張。反定立。アンチテーゼ。 → 正反合
接頭
名詞に付いて、それとは反対である、またそれにそむくなどの意を表す。 -作用 -定立 -ナチ -主流 -革命

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

たん【反】
布地の長さの単位。絹布では、鯨尺(くじらじゃく)で長さ2丈8尺~3丈、幅9寸5分~1尺のものを1反とした。和服地1反は成人の着物1着分にあたる。
➁尺貫法の土地の面積の単位。300坪。1町の10分の1。約9.92アール。8世紀初めから使われ、360歩(ぶ)を1反としたが、16世紀末以後は300歩を1反とした。◇「段」とも書く。
➂距離の単位。6間。約11m。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


たん
日本固有の土地面積の単位。もとの字は段をあてた。300歩(ぶ)(坪)をいう。9.91736アールにあたる。この単位は中国にはなく、日本では大化改新(645)以後の制度に現れ、360歩であったが、太閤(たいこう)検地(1591)で300歩となった。ほかに布帛(ふはく)の長さの単位にも反を用いている。[小泉袈裟勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せ・る【反】
〘自ラ四〙 「そる(反)」の上代東国方言。
万葉(8C後)一四・三四三七「陸奥(みちのく)の安太多良(あだたら)真弓(まゆみ)(はじ)き置きて西良(セラ)しめきなば弦(つら)(は)かめかも」
[補注]「万葉」例は一説に、「(せ)る」の意ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そら・す【反】
〘他サ五(四)〙 (「そらす(逸)」と同語源) 後方へ曲げる。そるようにする。
※枕(10C終)二七八「明順の朝臣の心地、空を仰ぎ、胸をそらいたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そり【反】
〘名〙 (動詞「そる(反)」の連用形の名詞化)
① そること。曲がりかえること。また、その度合や様子。
太平記(14C後)一六「敵太刀を捨て、腰刀を抜んと、一反(ソ)り反りけるが」
② 刀や長刀などの峰のそっている部分。また、その度合や様子。
梅津政景日記‐慶長一七年(1612)一〇月一〇日「かたなのそりをなをし
(つる)を張らない弓幹(ゆみほこ)のそっている部分。また、その度合やかたち。
※二度本金葉(1124‐25)雑上「あづさ弓さこそはそりの高からめはるほどもなくかへるべしやは〈藤原時房〉」
④ 逆にねじかえすこと。さかねじ。
⑤ 人の性質、世の気風などの向き。性向。
福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉雑記「塾中自から独立の気風を生じて世間の反(ソ)りに合はぬことも多い」
※信長記(1622)三「の入頸、みづくるま、そり、捻なげなんどいふ手を、我をとらじと取りしかば」
⑦ 休耕中の焼畑地。五、六年穀物を作った焼畑は以後七、八年から一〇年以上も放置しておいて、地力の回復を待って焼いて焼畑地とする。そらしばた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ・る【反】
〘自ラ五(四)〙
① まっすぐなものがしなって曲がる。
(イ) 人が、背中を後ろへ曲げる。のけぞる。のけざまになる。特に驚くさまにいうことがある。
※太平記(14C後)一六「腰の刀を抜んと、一反(ひとそ)り反(ソ)りけるが、真倒(まっさかさま)に成て落にけり」
(ロ) 細長いものが弓なりに曲がる。曲がり返る。
※五社百首(1190)「うら山し安達の峰のそりま弓そりはてましを引かへしけむ」
② (後ろへそる表情からか) 驚いたり、あきれたりする。心が動揺する。
※歌舞伎・傾城浅間嶽(1698)中「『女夫ながらそる事ぢゃ、是と』懐より金百両包を取出し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【反】
[1] 〘名〙
① 反切(はんせつ)の略称。日本では単に読み方を示すもの、または、「約」とか「略」に近い意味でも用いられた。かえし。
※万葉(8C後)一六・三八一七「かるは田廬のもとに吾が背子はにふぶに咲(ゑ)みて立ちませり見ゆ(田廬者多夫世反)」
② (Antithese の訳語) 哲学で、最初の命題を否定して新しく現われた命題をいう。反対命題。アンチテーゼ
[2] 〘接頭〙 名詞に付いて、それと逆である、それに対立する、それにそむくなどのを表わす。「反作用」「反社会的」「反政府」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐・す【反】
〘自サ変〙 ⇒はんする(反)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐・する【反】
〘自サ変〙 はん・す 〘自サ変〙
① うらはらになる。反対になる。
※史記抄(1477)一五「漢は右を尊で天子は南面するぞ。匈奴は反するぞ」
② 決められた約束や規則、他の意見などにそむく。もとる。違反する。
※小春(1900)〈国木田独歩〉四「父母の意に反(ハン)して」
③ 敵対する。謀叛(むほん)をおこす。叛する。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)魏田韓第三「一旦反すれども、又まいりてわび事を申せば御免あるぞ」
④ かえりみる。反省する。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一〇「百家の学、今より以後、迷て反することを知らず」
⑤ 漢字の音よみを示すのに他の漢字を借りて示す。和語の母音連続における音韻変化を説明するためにも用いられた。→反(はん)(一)①。
※万葉(8C後)一六・三八三九「吾が背子が犢鼻(たふさき)にする円石(つぶれいし)の吉野の山に氷魚そ懸有(さがれる) 懸有反云佐義礼流

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反/段」の用語解説はコトバンクが提供しています。

反/段の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.