Rakuten infoseek

辞書

反/段【タン】

デジタル大辞泉

たん【反/段】
(「端」とも書く)布類の長さの単位。鯨尺で幅9寸(約34センチ)、長さ2丈6尺から2丈8尺(約10メートル)。だいたい一人分の衣服に要する長さ。
土地の面積の単位。1町の10分の1(約10アール)。10畝、また、300歩。もとは360歩。
距離の単位。6間(約11メートル)。
和船の帆の幅をいう単位。おおよそむしろ1枚の幅で、3尺(約91センチ)。「だん(段)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん【反】[漢字項目]
はん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【反】
[名]
反定立(はんていりつ)
反切(はんせつ)」の略。
[接頭]名詞に付く。
それとは反対の、それに反対するの意を表す。「体制」「主流派」
それに合致しない、それに背くなどの意を表す。「道徳」「社会的」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【反】[漢字項目]
[音]ハン(漢) ホン(呉) タン(慣) [訓]そる そらす かえる かえす かえって
学習漢字]3年
〈ハン〉
はねかえる。はねかえす。「反映反響反射反応(はんのう)
繰りかえす。「反芻(はんすう)反復
ひっくりかえる。ひっくりかえす。「反側反転
振りかえってみる。「反省
逆の事をする。対立する。逆。「反感反攻反抗反戦反対反面反目反問違反
(「」と通用)そむく。「反旗反逆反徒反乱離反
漢字音の表記法の一。「反切
〈ホン〉(「」と通用)そむく。「謀反(むほん)
〈タン〉
布類の長さの単位。「反物(たんもの)
土地の面積の単位。約10アール。「反収反別減反
[補説]1は「端」、2は「段(たん)」の音借字。
[名のり]そり
[難読]反吐(へど)反古(ほご)反故(ほご)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほん【反/叛】[漢字項目]
〈反〉⇒はん
〈叛〉⇒はん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はん【反】
[1] ( 名 )
「反切はんせつ」の略。
〘哲〙 ある肯定的主張に対立する否定的主張。反定立。アンチ-テーゼ。 → 正反合
( 接頭 )
名詞に付いて、それとは反対である、またそれにそむくなどの意を表す。 「 -作用」 「 -定立」 「 -ナチ」 「 -主流」 「 -革命」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

たん【反】
布地の長さの単位。絹布では、鯨尺(くじらじゃく)で長さ2丈8尺~3丈、幅9寸5分~1尺のものを1反とした。和服地1反は成人の着物1着分にあたる。
➁尺貫法の土地の面積の単位。300坪。1町の10分の1。約9.92アール。8世紀初めから使われ、360歩(ぶ)を1反としたが、16世紀末以後は300歩を1反とした。◇「段」とも書く。
➂距離の単位。6間。約11m。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


たん
日本固有の土地面積の単位。もとの字は段をあてた。300歩(ぶ)(坪)をいう。9.91736アールにあたる。この単位は中国にはなく、日本では大化改新(645)以後の制度に現れ、360歩であったが、太閤(たいこう)検地(1591)で300歩となった。ほかに布帛(ふはく)の長さの単位にも反を用いている。[小泉袈裟勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反/段」の用語解説はコトバンクが提供しています。

反/段の関連情報

他サービスで検索

「反/段」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.