Rakuten infoseek

辞書

反歌【はんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

反歌
はんか
長歌のあとに添えられている1首または数首の短歌。『万葉集』には旋頭歌の添えられた例もあるが例外的。長歌のの要約,補足や,比較的客観的に事を叙した長歌に対し詠嘆するものなどが多いが,なかには同時同所の作という理由で反歌とされているものもある。中国のの反辞もしくは楚辞の「乱」にならって成立したとするのが通説。これに対して歌謡の末尾の繰返しが独立したものとする説があるが,そのような例が古い歌謡や和歌にほとんど見当らないことから,あったとしても副次的と考えられる。長歌に反歌を添えることは柿本人麻呂の頃にほぼ一般化したが,それ以後にも反歌を伴わない例がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はん‐か【反歌】
長歌のあとに詠み添える短歌。長歌の意を反復・補足または要約するもの。1首ないし数首からなる。万葉集に例が多い。かえしうた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんか【反歌】
長歌の後に付された歌。例外的に旋頭歌(せどうか)形式のものもあるが,歌体は短歌形式で,その数は1首から数首に及ぶものもある。内容的には,長歌の末尾部をくり返すもの,主想部をまとめたものなどが古くは中心であったが,《万葉集》第2期の柿本人麻呂の時代から,主題や内容をあらたに展開させる新傾向の反歌がつくられるようになり,長歌からの独立性を強めていった。発生,成立に関しては諸説あって定説はないが,長歌の高調部が自然に口誦の段階でリフレーンされるといった自然発生的側面と,漢詩における〈反辞〉にならっての形式的整備を目ざした構成意識に拠る側面と,両面が合わさって反歌の成立がうながされたと見るのがよいようである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はんか【反歌】
長歌のあとに添える歌。歌体は短歌形式、まれに旋頭歌せどうか。一首ないし数首で、長歌の意を補足または要約したもの。万葉集に多く見られる。かえしうた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

反歌
はんか
長歌のあとに付された短歌。『万葉集』では、旋頭歌(せどうか)の形のものが一首だけあるが、これを除いてみな短歌であり、その前に多く「反歌」と頭書する。その名称は中国の「反辞」に倣ったものかという。この反歌の様式を、長歌の最後の段落が、歌われるなかで分離独立することによって生じたとする見方も有力であるが、そのような歌謡的生成とは認めがたい。『万葉集』の長歌を通じてみれば、反歌をもつことの確実なのは額田王(ぬかたのおおきみ)の歌(巻1、17、18歌)がもっとも早く、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)によって反歌を付す形が定着したと認められる。中国文学を媒介にして新しく生み出された様式であり、記載の次元で成立したとみるのが正しい。人麻呂は反歌を定着するとともに、長歌を反復・要約するようなありようから、独立的な内容を盛り込むものへと、その質をも大きく転換した。複数の反歌を付す形も人麻呂によって始められ、長歌と短歌との組合せによる構成体という方向へ展開された。[神野志隆光]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん‐か【反歌】
〘名〙 和歌の長歌のあとにつけ加えられた短歌。一首または数首で、長歌の意を補足したり、その大意を要約したりするもの。万葉集に多く見られ、短歌形式が主であるが、時には旋頭歌(せどうか)形式によるものもある。中国の賦(ふ)の「反辞」、または楚辞の「乱」にならったものといわれる。かえしうた。
※万葉(8C後)一・一五・左注「右一首歌今案不反歌也。但旧本以此歌於反歌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

反歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.