Rakuten infoseek

辞書

反対【ハンタイ】

デジタル大辞泉

はん‐たい【反対】
[名・形動](スル)
物事の位置・順序・方向・あり方などが逆の関係にあること。また、そのさま。あべこべ。「左右反対に置く」「気持ちと反対のことを言う」「風向きが反対になる」
対(つい)をなしているものの一方。「反対の手を出す」「白の反対は黒」
ある意見などに対して逆らい、同意しないこと。否定的であること。「君の意見には反対だ」「法案に反対する」「党内の反対派」⇔賛成

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はんたい【反対】
名 ・形動 [文] ナリ 
物事の位置・順序・方向・状態などが逆の関係にある・こと(さま)。あべこべ。 -の方向に行く 上下が-になっている 昨日とは-の事を言う
ついになるものの一方。 -の足から踏み出す
スル
意見や提案に同意しないこと。さからうこと。 ⇔ 賛成 -を押し切る 提案に-する -勢力 -意見

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん‐たい【反対】
〘名〙
① (形動) 物事の様子・位置・順序・方向や、考え方、意味内容などが、他の物と逆の関係にあること。また、そうなることや、そのさま。あべこべ。うらはら。さかさま。対照。対比。
※語孟字義(1705)下「然凡文字必有反対。得其対、則意義自明矣。誠字与偽字対」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「反対せる図形を布上に印すべしと」 〔公孫龍子‐通変〕
② 他の意見などに対してさからうこと。賛成しないこと。対抗。不賛成。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「この二説の反対するものを論ずべきなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反対」の用語解説はコトバンクが提供しています。

反対の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.