Rakuten infoseek

辞書

反ニュートリノ【はんニュートリノ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

反ニュートリノ
はんニュートリノ
antinutrino
レプトンの1種であるニュートリノ反粒子反中性微子ともいう。反電子ニュートリノ,反ミューニュートリノ,反タウニュートリノの3種類がある。これらはともにレプトン数が-1,スピンは右巻きで運動の向きと一致する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はん‐ニュートリノ【反ニュートリノ】
ニュートリノ反粒子レプトンに属し、電荷が零、スピン半整数(1/2)。弱い相互作用に関与し、電子μ粒子τ粒子と対になって現れる3種類のニュートリノ(電子ニュートリノμニュートリノτニュートリノ)に対して、それぞれ反電子ニュートリノ、反μニュートリノ反τニュートリノが存在する。電荷をもたないため、それ自身が反粒子と同一なマヨラナ粒子である可能性も指摘されており、岐阜県の神岡鉱山跡にある実験装置KamLAND(カムランド)において研究が進められている。反中性微子。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反ニュートリノ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

反ニュートリノの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.