Rakuten infoseek

辞書

双分組織【そうぶんそしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

双分組織
そうぶんそしき
dual organization; dualism
双分制ともいう。社会を構成する集団が大きく2つに分けられ,互いに対立し,かつ補い合っている仕組み。人類学では,この二分された集団が氏族や胞族などの出自集団である場合に限って半族と呼ぶ。この現象と密接に結びついているのは,物事を2つに分けて考えるという,二元論的な思考形式である。これを象徴的二元論というが,このような分類体系を含めて一般に双分制ということが多い。双分制は,東南アジア大陸部,島嶼部,オセアニア,アメリカ大陸,アフリカの諸民族の間に広く観察され,社会生活,宗教,神話などの面にきわだってみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうぶんそしき【双分組織 dual organization】
一つの社会が二つの部分集団によって相互補完的に組織されている社会組織もしくはその状態をいう。通常,社会が二つのカテゴリー・氏族・リネージ・地域社会などからなる場合,それぞれの部分集団を〈半族moiety〉というので,〈双分組織〉は別名〈半族分割moiety division〉とも称する。〈moiety〉とはフランス語の〈moitié〉に由来する用語で,たんに二分割を意味している。各地の事例では,親族関係を密にする集団が社会を二分し,あるいは一方が他方の外婚集団になっていたりする場合もあるが,双方がおなじ出自集団であるとはかぎらず,また相互に密な親族関係をもっていることが〈双分組織〉の特徴であるとはかぎらない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうぶんそしき【双分組織】
社会を二つの集団に分ける組織原理。北米先住民の半族制が典型。二大政党制や男女関係も双分組織とみることができる。双分制。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

双分組織
そうぶんそしき
dual organization
社会が対称的な二つの集団に区分されているものをさす。区分されているそれぞれを半族とよぶ。南アメリカ低地先住民社会や、東インドネシア、オーストラリアなどで多くの例が知られている。この組織を支えているのは、集落・人間集団・宇宙などを二分して考える双分観dualismである。これを、フランスの人類学者レビ(レヴィ)・ストロースは、直系的構造(南北の線で村落が二分されているものなど)と同心円的構造(円形の村落が中心部と周辺部に二分されているものなど)に分類している。大きく二つのカテゴリーに二分されている(血族と姻族が明確に区分され混同されないものなど)タイプの関係名称体系も知られており、二分体系two section systemとよばれる。双分組織や半族という概念は社会が二つの外婚集団に区分されているときにのみ使われる場合もあるが、親族や婚姻関係とかかわりなくメンバーが決定される儀礼的集団に対しても用いられる。[木村秀雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双分組織」の用語解説はコトバンクが提供しています。

双分組織の関連情報

他サービスで検索

「双分組織」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.