Rakuten infoseek

辞書

双ヶ岡【ナラビガオカ】

デジタル大辞泉

ならび‐が‐おか〔‐をか〕【双ヶ岡】
京都市右京区御室(おむろ)にある丘陵。一ノ・二ノ岡・三ノ岡に分かれ、西麓吉田兼好が住んだ。の岡。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ならびがおか【双ヶ岡】
京都市右京区、仁和にんな寺の南の丘陵。一岡・二岡・三岡に分かれる。平安時代、貴族の別荘地。兼好法師が草庵を結んだ所。双の岡。歌枕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

双ヶ岡
ならびがおか
京都市西部、右京区御室仁和(おむろにんな)寺の南に位置する小丘陵。「雙(ならび)ヶ岡」として国の名勝に指定されている。嵯峨野(さがの)の東部にあたり、全山松林に覆われる。北から一ノ岡(116メートル)、二ノ岡、三ノ岡に分かれ丘上には古墳群がある。平安時代に右大臣清原夏野(きよはらのなつの)が山荘を営み、また吉田兼好(けんこう)が二ノ岡の西麓(せいろく)に隠栖(いんせい)して『徒然草(つれづれぐさ)』を著したといわれる。近年、周辺の市街地化に伴って松枯れが多くなり、風致が損なわれているのは惜しまれる。[織田武雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双ヶ岡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

双ヶ岡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.