Rakuten infoseek

辞書

友禅【ゆうぜん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

友禅
ゆうぜん
江戸時代,元禄期 (1688~1704) に京都で活躍した絵師友禅染創始者といわれる。その姓氏は明らかではないが一説に宮崎氏といわれ,本名日置清親,友禅はその光琳風の絵をよくし,扇工や染師として知られ,元禄奢侈文化の影響下で着物に自由闊達な構図め上げたといわれている。友禅模様を集めたものに『友禅ひいながた』 (4巻,1688) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうぜん【友禅】
日本を代表する文様染。江戸中期に宮崎友禅によって完成されたと考えられている。〈友禅染〉の語は1687年(貞享4)発行の衣装雛形(ひながた)本《源氏ひなかた》にみえる。また〈ゆうぜん扇〉の名も同時期刊の西鶴《好色一代男》などにみえ,これは扇絵をよくし,のちに小袖図案も手がけた宮崎友禅の活躍期と重なっている。17世紀後半期にこの染が行われ始めると,当時二十数種にのぼった各種の染がすっかり姿を消し,世の上下の女性にもてはやされたという記録から,友禅染の大流行ぶりがうかがわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうぜん【友禅】
○宮崎みやざき友禅
「友禅染め」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

友禅
ゆうぜん
友禅染めの江戸時代に現れた多彩な模様染め。名称が示すように、元禄(げんろく)年間(1688~1704)ごろ京都にいた絵師宮崎友禅斎によって創始されたと伝えられている。しかし、友禅斎は生没年も判然としておらず、したがって友禅染めの創始に関する事跡もはっきりしたことはわからない。文献に現れたところでは、1688年(元禄1)に『友禅ひながた』が刊行されており、また資料のうえでは、東京国立博物館にある紫式部友禅染掛幅に享保(きょうほう)5年(1720)の銘があり、年代のはっきりしたものとして注目されるが、現在のところもっとも古い確かな資料としては、1669年(寛文9)に生まれた伊達(だて)綱村の産着(うぶぎ)がある。このような資料によって、友禅染めというものは、17世紀なかばから後半にかけて、それまでにあった小紋系の型染めにおける糊防染(のりぼうせん)・引き染めの技術と、辻(つじ)が花染めの線描(か)き・隈取(くまどり)・色差しなどの技術が一つになって発達してきたもので、友禅斎はおそらくその完成期ごろに現れた優れた作家か意匠家(デザイナー)ではなかったかと思われる。
 友禅染めの技術は、現在においては、長い間に発達した付帯的な技術や、材料の変化に伴う新しい技術の開発などによって、多種多様なものが行われているが、その根本となるのは、まず布地の上へ糊(のり)(糯米(もちごめ)を主剤とするものや小麦粉を用いる一珍(いっちん)糊など)を用いて模様の輪郭を描くことである。これには粘り気の強い糊を細い棒の先につけて、これを伸ばしながら置いていく楊枝(ようじ)糊の技法と、先端に細い穴のあいた口金のついた渋引きの紙筒へ糊を入れ、これを指頭で圧しながら線を描いていく筒糊(つつのり)の技法とがあるが、前者は現在は行われていない。糊置きが終わると模様の部分に色差しが行われる。現在は化学染料を主とするが、天然染料の場合は顔料を用いたり、また染料を塗り染めに適するように顔料化したもの(藍棒(あいぼう)や堅紅(かたべに)など)が多く用いられた。色を定着させるためには、現在は「蒸し」、昔は豆汁(ごじる)が用いられた。色差しが終わると、その上を伏せ糊で厚く覆って地染めが行われるが、これは刷毛(はけ)を用いた引き染めである。地染めの終わったものは、よく乾燥したあと水洗いをして、糊を洗い落とすと、細い糸目の線で縁どられた多彩な模様が現れる。
 以上が友禅染めのもっとも基本的な技法であるが、その特徴とするところは手描きであることと、染色が従来の浴染(よくせん)から塗り染めになったこと(部分的に浴染が用いられることはある)で、これによって、ぼかしや隈取を加えた多彩で絵画的な小袖(こそで)模様を、在来の刺しゅうや、辻が花における絞り、描き絵などに比べて非常に容易に、しかも効果的に表すことができるようになった点である。確かに日本の染色工芸史のうえでの画期的な技術の進歩であったといってよいであろう。
 友禅染めが、その初期の時代から発祥の地である京都を中心として、いわゆる賀茂(かも)川染めとしてもっとも盛んに行われたことはもちろんだが、このほかに俗に加賀友禅といわれるスタイルのものがある。これは、技術上の違いではなく、主として配色や模様構成のうえでの様式の相違というべきであろう。紅や紫、緑、藍などの華やかな色使いにぼかしを用いたそのスタイルには、安土(あづち)桃山時代(16世紀末)あたりの縫箔(ぬいはく)を思わせるものがあり、友禅染めとしての古様を伝えた感がある。これが中央を離れた加賀国(石川県)の地に伝統的に伝わったということはうなずけるが、このスタイルの友禅染めがすべて加賀だけで行われ、その意味での加賀友禅ということには多分に疑問がある。
 多彩を主とする友禅染めが、明治以後の化学染料によって、それまでの染料を顔料化して用いるという点の困難さが除かれたこと、つまり色づくりが容易になった点で、さらに一つの進展をみせた。1877年(明治10)ごろ染料に糊を加えた写し糊の技術が発明されるに及んで、型に直接捺染(なっせん)する型友禅の技法が開発され、今日では手描きの友禅と並んで大衆的な友禅染めとして広く行われている。
 そのほか、さまざまな新しい技法、たとえば、米糊のかわりに生ゴムを用いたり、または蝋(ろう)を併用したり、日本独特の染法である友禅染めの伝統は、今後ますます多様性を加えながら、時代とともに生きていくであろう。[山辺知行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

友禅 (ユウゼン)
動物。チョウチョウウオ科の海水魚

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうぜん〔イウゼン〕【友禅】
友禅染」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

友禅 ゆうぜん

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

旺文社日本史事典 三訂版

友禅
ゆうぜん

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

友禅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

友禅の関連情報

関連キーワード

井原西鶴元禄市川団十郎宝永鶴沢探山桃林堂蝶麿虎屋永閑小糸佐七物碁盤人形吉田半兵衛

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.