Rakuten infoseek

辞書

友引【ともびき】

大辞林 第三版

ともびき【友引】
陰陽道おんようどうで、凶禍が友人に及ぶとする方角。友引方。
六曜の一。何をしても勝負がつかないとする日。朝晩は吉、昼は凶だが、のち、と混同されこの日に葬式を出すことを忌むようになった。友引日にち

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とも‐びき【友引】
暦注六曜の一。なにごとをしても勝ち負けがないといわれる日。この日に葬式を出すと、他人の死をさそうといって嫌う。友日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

友引
中国の暦法の六曜のひとつ。本来の意味は、「勝負がつかない」ですが、日本では、「友を引く」という言葉のため、この日に葬儀を行うことを嫌います。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

ともびき【友引】
六曜の一つで,友引にあたる日は午前中・夕刻・夜は吉だが,昼は凶とされる。友を引くという名称から,文字に則して縁起を担ぎ,この日に葬儀を行うことを忌む。六曜は,先勝,友引,先負,仏滅,大安,赤口の6星を,順番どおり,旧暦各月の朔日に配当するもので,友引は先勝と先負の間にあって,〈相友引きとて勝負なし〉という意味だとされている。葬儀を忌む風習は,江戸時代末期に六曜の考え方が浸透して以後生まれたらしい。六曜は室町時代初期に中国から伝わった時刻の占いであり,小六壬と呼ばれていたが,友引は当時は留連(りゆうれん)という名称であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

友引
ともびき
友引日の略。六曜の一つ。中国の留連にあたる。日本の陰陽家が名づけた日で,この日には何をしても勝負がつかないとされている。朝夕はよし,正午悪しとされる。江戸時代末期頃からその字面によって,その日に葬式をするのは忌まれることになり,その迷信が現在でも火葬場休業日などに残存している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

友引
ともびき
六曜日の一つ。旧暦1月と7月の2・8・14・20・26日、2月と8月の1・7・13・19・25日、3月と9月の6・12・18・24・30日、4月と10月の5・11・17・23・29日、5月と11月の4・10・16・22・28日、6月と12月の3・9・15・21・27日。陰陽道(おんみょうどう)で勝負なしの運勢。朝晩は吉で昼は凶。日本ではこれを「友を引く」意味に受け止め、婚礼はとくに忌まないが、葬儀や火葬を避ける人がいまも多い。[井之口章次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

友引」の用語解説はコトバンクが提供しています。

友引の関連情報

他サービスで検索

「友引」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.