Rakuten infoseek

辞書

参考【サンコウ】

デジタル大辞泉

さん‐こう〔‐カウ〕【参考】
[名](スル)何かをしようとするときに、他人の意見や他の事例・資料などを引き合わせてみて、自分の考えを決める手がかりにすること。また、そのための材料。「研究の上で参考になる」「内外の判例を参考する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんこう【参考】
スル
考えをまとめたり、物事を決める際に、手がかりや助けとすること。また、その材料。 前例を-にする
種々の資料などを利用し、考えること。また、その資料。 ご-までに 欧米の書籍を広く-する時間を要する/社会百面相 魯庵

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐こう ‥カウ【参考】
〘名〙 いろいろ他のものとひきくらべて自分の考えを決める手がかりにすること。また、その手がかり。
俳諧去来抄(1702‐04)修業「面影の事支考も書き置かれたり。参考せらるべし」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「参考の為め一寸聞いて置きたいが」 〔後漢書‐班超伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

参考」の用語解説はコトバンクが提供しています。

参考の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.