Rakuten infoseek

辞書

厳/稜威【イツ】

デジタル大辞泉

いつ【厳/稜威】
(「いつの」の形で、またはそのまま体に続けて用いられる)
斎(い)み清めたこと。神聖なこと。
「―幣(ぬさ)の緒結び」〈祝詞・出雲国造神賀詞〉
勢いの激しいこと。威力の強烈なこと。
「―の男建(をたけび)ふみ建(たけ)びて」〈・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん【厳/×儼】
[ト・タル][文][形動タリ]
態度や処置などがきびしいさま。「―として慎むべきだ」「―たる態度で臨む」
おかしがたく、おごそかなさま。「今も―として存在する」「―たる事実」
[形動ナリ]に同じ。→厳(げん)に
「然るに封鎖―にして此の目的を達し得ざる時は」〈独歩・愛弟通信〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん【厳〔嚴〕】[漢字項目]
[音]ゲン(漢) ゴン(呉) [訓]おごそか きびしい いかめしい いつくし
学習漢字]6年
〈ゲン〉
おごそか。いかめしい。「厳粛厳然威厳謹厳尊厳
容赦がない。きびしい。「厳格厳重厳正厳密戒厳冷厳
激しい。ひどい。「厳寒厳冬
自分の、または他人の父に対する敬称。「厳君厳父家厳
〈ゴン〉おごそか。「荘厳(そうごん・しょうごん)
[名のり]いかし・いず・いつ・いつき・いわ・かね・たか・つよ・ひろ・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いかし【厳】
(シク活用形容詞「いかし」の語幹。ただし、語幹用法だけで、シク活用の確例はない) 勢いが盛んなさま、繁栄しているさま、いかめしいさま、などを表わす。「厳日(いかしひ)」「厳矛(いかしほこ)」「厳穂(いかしほ)」「厳御世(いかしみよ)」など。
※延喜式(927)祝詞「伊賀志(イカシ)の御世に幸(さき)はへまつれ」
[語誌](1)イカヅチ(雷)、イカシホ(瞋塩)のイカを、イカシの語幹とすれば、やはり語幹の用法のみではあるが、ク活用の例も上代にはあったことになる。
(2)シク活用は、イカシホ(厳穂)、イカシミヨ(厳御世)などのように、特定の語について、祝詞の類に多く見られる特殊な用法か。
(3)中古以降、ク活用で現われ、中世には口語において、イカイの形で多くは連体修飾語として用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いか・し【厳】
〘形ク〙 ⇒いかい(厳)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いか‐つ【厳】
〘名〙 (形動) (「いか」は「いかめしい」「いかい」などの「いか」と同語源) かどばってやわらかみのないさま。武張ってあらあらしいさま。周囲に気兼ねなく、図々しいさま。また、そのような態度や行為。
※二曲三体人形図(1421)「心も鬼なれば、いづれも、いかつの見風にて」
[語誌](1)「厳強(いかつよ)し」の略〔大言海〕とも「厳(いか)つ」の「つ」は古代の格助詞〔近世上方語辞典=前田勇〕ともいわれる。
(2)中・近世の用例は、形容動詞としての用法が多く、近世後期から、形容詞「いかつい」が多くなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いかつ‐・い【厳】
〘形口〙 いかつ・し 〘形ク〙 (「いかつ」を形容詞に活用させたもの) かどばってやわらかみがない。武張って荒々しい。ごつい。いかめしい。
浄瑠璃・心中二つ腹帯(1722)二「伯母御のいかつい返礼」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「しぜんとこわらしくもっともいかつきせいらいなり」
いかつ‐げ
〘形動〙
いかつ‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いかつ‐・し【厳】
〘形ク〙 ⇒いかつい(厳)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いかめ【厳】
〘形動〙 (形容詞「いかめし」から) いかめしいさま。おそろしいさま。
四河入海(17C前)一「やらいかめの寺やぞ」
[語誌]「平家‐二」に、祐慶が「大の目を見いからし」たことから「いかめ房」と呼ばれたという記事があり、多くの諸本の表記から、イカメが「厳目」と理解されていたことがうかがえる。こうした理解が存したために、シク活用「いかめし」の「いかめ」が独立性を持つようになり、口語形活用の形容詞イカメイ及びその語幹用法が室町期に成立するに至ったものか。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いかめ・い【厳】
〘形口〙 (形容詞「いかめし」の変化したもので、室町時代の語) =いかめしい(厳)
※百丈清規抄(1462)二「受講之人を置た事はいかめい費があるぞ」
※四河入海(17C前)二「蒼鱗は松の皮ぞ。ああいかめい松かなぞ」
[語誌]シク活用「いかめし」が規範的な基本形式であるのに対して、イカメイは室町期の抄物に数多く見える臨時的な口頭形式であり、二形式の共存は意味的対立というよりも位相的対立であるととらえるべきであろう。→「いかめ(厳)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いかめし【厳】
〘形シク〙 ⇒いかめしい(厳)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いかめし・い【厳】
〘形口〙 いかめし 〘形シク〙 (「いかづち」「いかし(厳)」「いかる(怒)」と同根)
① 威勢があっておごそかである。規模が大きく勢いが盛んである。荘重である。壮大である。
※竹取(9C末‐10C初)「あるじいかめしう仕うまつる」
※狭衣物語(1069‐77頃か)四「故宮のいかめしき寺建てさせ給ひて」
② 姿や形が普通より大きく、がっしりしている。いかつい。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「いかめしき栗、橡(とち)を入れて」
③ はげしい。はなはだしい。きびしい。
※源氏(1001‐14頃)明石「いかめしき雨、風、いかづちの」
※宇治拾遺(1221頃)九「いかめしくおそろしげなる声にて」
④ 改まった態度やしかたである。
※洒落本・初葉南志(1780)「是はいかめしくはござりますが、御酒の興を添へますためお目にかけますとあって献ぜられます」
⑤ ものものしい。厳重なさま。「いかめしい警護」
いかめし‐げ
〘形動〙
いかめし‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いから・し【厳】
〘形ク〙 (形容詞「いかし」の変化した語) いかめしい。気性などが激しい。きびしい。
※文明本愚管抄(1220)三「隆家の若く、いからきやうなる人にて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いっかい【厳】
※浄瑠璃・彦山権現誓助剣(1786)五「いっかい苦にしてござる上、煩(わづら)やつたらどうあらう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いっか・い【厳】
〘形口〙 (「いかい(厳)」の変化した語)
※浄瑠璃・鎌倉三代記(1716)鳥追大黒舞「四つよい物著張って、五ついっかい気色(けしき)で」
※評判記・役者評判蚰蜒(1674)金子六右衛門「いはばなをしやれなのたつに をふをふいつかいな」
※かた言(1650)二「物のいかめしくおほきなることを、〈略〉いっかいとはあしかるべし」
※雑俳・軽口頓作(1709)「あたたかな・いっかい尻の退(ひ)いた跡」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おごそか【厳】
〘形動〙 威厳があるさま。礼儀正しく近よりにくいさま。
※彌勒上生経賛平安初期点(850頃)「世尊の行歩したまふ威容は、斉しく粛(オコソカなル)こと師子王のごとし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おごそけ・し【厳】
〘形ク〙 尊くいかめしい。
※彌勒上生経賛平安初期点(850頃)「世尊の身の支は、安かに定まり、敦(オコソケク)(たふと)くして、むかしより掉ひ動きたまはず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きび・し【厳】
〘形ク〙
① すきまがなく密である。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)六「歯は白きこと斉しく密(キヒク)して珂と雪との猶(ごと)し」
② きびしい。むごい。激しい。苛酷である。
※百丈清規抄(1462)三「弾正をは霜台と云そ、きひくはげしう事をただす官ぢゃほどにぞ」
[補注](1)形容詞シク活用「きびし」の古い活用。→「きぶい」の補注。
(2)「書陵部本名義抄」に「キビウシテ」の「ビ」の右に、「ビシウシ」の書き込みが見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きびし【厳】
〘形シク〙 ⇒きびしい(厳)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きびし・い【厳】
〘形口〙 きびし 〘形シク〙 他に対する接し方や警戒の仕方が厳格、厳重である。簡単に近づいたり入り込んだりできない感じである。
① いかめしい。おごそかである。厳重である。
※枕(10C終)九二「帳台の夜、行事の蔵人のいときびしうもてなして」
※徒然草(1331頃)一一「大きなる柑子(かうじ)の木の、枝もたわわになりたるが、まはりをきびしく囲ひたりしこそ」
② 人に対する要求などが激しく容赦がない。簡単に許すことをしないさまである。苛酷である。
※栄花(1028‐92頃)松の下枝「世中の乱れたらん事を直させ給はんとおぼしめし、制などもきびしく」
③ すきまがなくつまっているさまである。また、ゆるみがなくぴったりしている。
※大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)三「百姓殷(さかり)に稠(キヒシウ)して居家鱗のごとくに接(まじは)れり」
④ 自然の力などが強くて、簡単には対応できないさまである。山がけわしい、寒暑の程度がひどいなど。
※梁塵秘抄(1179頃)二「熊野へ参らむと思へども徒歩より参れば道遠し、すぐれて山きびし」
⑤ 程度のはなはだしいさま。ひどく。
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)五「表の戸をきびしくたたけば」
⑥ ある行為や状況、言葉などに対して、それが普通でないことをあきれたり感心したりする気持をこめていう。たいしたものだ。ひどいものだ。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)三「身共は粋じゃ。野暮じゃによって一つも腹は立ぬ。きびしいか」
⑦ 状況などが緊迫しているさま。状況の打開、解決が容易でないさま。
きびし‐げ
〘形動〙
きびし‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

厳/稜威」の用語解説はコトバンクが提供しています。

厳/稜威の関連情報

他サービスで検索

「厳/稜威」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.