Rakuten infoseek

辞書

原色フィルター【げんしょくふぃるたー】

デジタル大辞泉

げんしょく‐フィルター【原色フィルター】
primary color filterデジタルカメラデジタルビデオカメラなどのイメージセンサーに装着される、光の三原色である赤(レッド)・緑(グリーン)・青(ブルー)のフィルター。センサーの素子そのものは色を判別できないため、この3色のフィルターを用いて光の信号の強弱を捉え、それを元に色のデータとして再現する。一般的に補色フィルターよりも色の再現性が良いとされるが、感度が低い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

原色フィルター
 フォトセンサー (受光素子)は光の強弱を信号に変える働きしかなく、色を検知することができない。そこで受けた光の色情報を取りこむために、ひとつひとつのフォトセンサーに色フィルター(色分解フィルター)を被せている。その色フィルターがR/G/Bの3色のものを「原色フィルター方式」、Y/M/Cの3色のものを「補色フィルター方式」と呼んでいる。 → 補色フィルター 参照

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

原色フィルター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原色フィルターの関連情報

他サービスで検索

「原色フィルター」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.