Rakuten infoseek

辞書

原腎管【げんじんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原腎管
げんじんかん
protonephridium
後生動物排出器官系のうちで最も原始的なもの。原体腔または柔組織内を樹枝状に走り,老廃物や体内に余分に浸入した水などを排出する細管系。扁形,紐形,袋形動物および環形軟体動物幼生にみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんじんかん【原腎管 protonephridium】
多細胞動物にみられる排出器官として最も原始的なもので,無体腔動物群の扁形動物・ひも形動物・内肛動物,偽体腔動物群の袋形動物などの成体および幼生,また真体腔動物群のうち環形動物・軟体動物のトロコフォラ幼生などにみられる。体の両側の柔組織または偽体腔内を複雑に網目状に分岐して走る一種の管系である。その管の盲端は1個または数個の細胞からなり,それらの細胞から数本の繊毛の束が管の中に向かって出ていて,のような動きをするので炎細胞flame‐cellと呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんじんかん【原腎管】
扁形動物・紐形動物・輪形動物の排出器官。環形動物・軟体動物の幼生にも見られる。後生動物の中では最も原始的な排出器官で、浸透圧調節器官も兼ねる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

原腎管
げんじんかん
もっとも原始的な排出器官で、体腔(たいこう)をもたない扁形(へんけい)動物、輪形動物、紐形(ひもがた)動物などにあり、環形動物や軟体動物では幼生にだけみられる。原腎管の形や構造は動物の種類により異なるが、柔組織または原体腔内を走る分枝した細管で、1対あり、末端は排出孔となって体外に開く。排出孔は1対、多数対または1個である。高度に発達した原腎管では、各枝端に数個の炎(ほのお)細胞とよばれる細胞が集合する。各炎細胞には微細管があり、そこに1本の繊毛が生えている。繊毛は束になって各枝管内へ伸び、炎のように揺れ動いて繊毛炎(えん)を生じ、体内で生じた老廃物や余分の水を水流として管内へ導く。その水流は管内を流れて排出される。原腎管は浸透調節も行う。[片島 亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐じんかん ‥ジンクヮン【原腎管】
〘名〙 扁形動物、紐形動物輪虫類にみられる原始的な排出器官。構造は細い溝管が、体内で樹枝状にのび、末端にある炎(ほのお)細胞で老廃物を管の中に誘出し、一個あるいは数個の排泄孔から体外にだされる。環形動物、軟体動物では幼生に限ってみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原腎管」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原腎管の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.