Rakuten infoseek

辞書

原始取得【げんししゅとく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原始取得
げんししゅとく
originaler od. ursprünglicher Rechtserwerb
ある権利を前主の権利に基づかず,独立に取得すること。したがって,前主の権利に制限や負担がついていたとしてもこれらを承継することなく,完全な状態で権利を取得することができる。たとえば,無主物先占 (民法 239) ,遺失物拾得 (240条) ,時効取得 (162,163条) などによって権利を取得する場合がそうである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんし‐しゅとく【原始取得】
ある権利を、他人から引き継がないで、新しく取得すること。先占取得遺失物拾得・時効取得など。→承継取得

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんししゅとく【原始取得】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんししゅとく【原始取得】
ある権利を他人の権利に基づかずに取得すること。無主物先占・遺失物拾得・時効取得・公用徴収などの類。 → 承継取得

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

原始取得
げんししゅとく
ある権利を他人の権利に基づかないで取得すること。無主物先占(せんせん)(野生の動物を捕らえるなど。民法239条)がその典型例であるが、遺失物拾得(同法240条)、時効取得(同法162条・163条)、即時取得(同法192条)なども原始取得とされる。これらの場合には、前の権利者がいるはずだが、原始取得する者は、その権利を承継するのではなく、すなわち、前の権利者のもとでその権利についていた負担などを承継することなく、権利を取得するのである。承継取得(売買・相続など)に対する概念。[高橋康之・野澤正充]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんし‐しゅとく【原始取得】
〘名〙 ある権利を、他人から引き継がないで、新しく独立に取得すること。遺失物拾得、時効取得など。⇔承継取得。〔現代大辞典(1922)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原始取得」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原始取得の関連情報

他サービスで検索

「原始取得」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.