Rakuten infoseek

辞書

原型【ゲンケイ】

デジタル大辞泉

げん‐けい【原型】
もとの型。もとになる構造・構成をもつもの。「平城京の原型は長安である」
鋳物や彫刻作品などのもとになる型。土や石膏などで作る。「粘土で原型を作る」
洋裁で、服を作るときに基本となる平面製図のもとの型。
動植物の、現存する諸種の類から抽象して、それらの根源とされる型。「ウマの原型
心理学で、現象の背後にあって、その現象を発生させる根源的なもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げんけい【原型】
鋳物いものなど同じ物をいくつも作る時、型をとるために製作されたもの。
洋裁で、洋服の製図の基礎となる型。
自然哲学的生物学で、動植物の諸種の類群から現実の生物の根源となるものとして抽象されたモデル。ゲーテの形態学などにおいて論じられた。
心理学で、表面にあらわれる現象の背後にあるもの。無意識のうちに働く潜在的な力。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐けい【原型】
〘名〙
もとの型、また、もとの形。原形。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「人類の文明史は、叔父さん側の原型と貴方側の原型との間を振子のやうに往復して今日に至ったものでは無いでせうか」
② 彫刻、鋳物などのもとになる型。油、土、石膏(せっこう)などで作る。
※銅像雑感(1900)〈正岡子規〉「岡崎某は全く原型を造る事を知らず只人の造りたる原型によりて鋳形造る迄の事なり」
洋裁などで、服を作るときに基本となる製図の型。
書誌学で、本に関して、損傷などを受ける以前の形態をいう。
生物学で、生物の諸種の発生的な類似から類推された現存生物の根源の型をいう。
⑥ 心理学で、表面にあらわれた現象の背後にあって、その現象を発生させるものをいう。
⑦ 人類が太古から引き継いだ情緒的内容をもつ普遍的な思考のパターンをいう。ユングの用語。太古型。原始類型。アーキタイプ
[補注]⑦は、「元型」とも書く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原型」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原型の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.