Rakuten infoseek

辞書

原動機【げんどうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原動機
げんどうき
prime mover
自然界に存在するエネルギーを有用な機械的動力に変換する装置。対象となる自然界のエネルギーには石炭や石油など各種燃料のもっている熱エネルギー,水や風などの運動エネルギーや位置のエネルギー,地熱および太陽熱エネルギー,および原子核エネルギーなどがある。原動機としては風車水車水力タービン蒸気機関蒸気タービン内燃機関ガスタービン,地熱発電用機関,太陽熱機関,原子力機関などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんどう‐き【原動機】
自然界に存在するエネルギーを、機械的エネルギーに変換する機器の総称。使用するエネルギーの形態により、熱機関水力機関風力機関・原子力機関などに分けられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんどうき【原動機】
工場や装置で目的とする仕事をするために必要な,もとになる動力を発生する機械。基本的なものとして,熱機関があり,燃料の燃焼あるいは原子核反応で得られる熱を利用して動力を発生する。これには,内燃機関,ガスタービン,火力発電所や原子力発電所を構成する熱機関などがある。電動機水車風車も原動機に含まれる。英語では単にモーターmotorと呼ぶが,日本ではモーターというと電動機を指すことが多い。【田中 宏明】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんどうき【原動機】
自然界のエネルギーを機械的な仕事のエネルギーに変える機械の総称。風水力原動機・熱機関・電動機・原子力原動機に大別される。機関。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

原動機
げんどうき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんどう‐き【原動機】
〘名〙 自然に存在するエネルギーを機械的エネルギーに変えて他の機械類の動力源とするための装置。風車、水車、蒸気機関、蒸気タービン、内燃機関、ガスタービン、電動機、原子力機関など。〔電気訳語集(1893)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原動機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原動機の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.