Rakuten infoseek

辞書

【たまご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


たまご
ovum; egg
生物学の用語としては「らん」とも呼び,本来は雌の生殖細胞である卵細胞のことをいうが,一般には体外に産み出されたものをいい,特に動物の卵で,に囲まれた大型のものを「たまご」と呼ぶ。卵巣内の卵母細胞減数分裂によって生じ,形は一般に球形卵形など種々ある。発生に必要な卵黄をたくわえ,卵黄の量と分布によって,等黄卵端黄卵中黄卵などに分ける。また一般に極性があり,将来の分化とかかわりをもつ。卵は普通にこれを保護するための卵膜で包まれ,これには,卵自身の卵黄膜のほかに卵胞細胞から分泌された漿膜輸卵管から分泌された卵白,卵殻膜卵殻などがある。また植物では,被子植物の胚嚢内の珠孔に面した大きな細胞,裸子植物,コケ,シダ植物では造卵器内の大きな細胞が卵である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


らん
」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい〔かひ〕【卵/殻/×稃】
《「」と同語源》たまご。また、たまごの殻(から)。かいご
「―のうちに命こめたる雁(かり)の子は君が宿にてかへさざるらむ」〈宇津保・藤原の君〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐ご〔かひ‐〕【卵】
《「かい」は殻の意》小鳥や鶏などの、殻のついたままのたまご。
「うぐひすの―の中にほととぎすひとり生まれて」〈・一七五五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たま‐ご【卵】
鳥・虫・魚などの雌から産み出される、殻や膜に包まれた球形のもの。孵化(ふか)すると子になる。卵(らん)。「を産む」「がかえる」
(「玉子」とも書く)鶏の卵。鶏卵。
まだ一人前にならない人。修業中の人。「学者の
物事の起こりはじめ。未成熟なもの。「台風の
[下接語]泡雪(あわゆき)卵磯巻(いそま)き卵煎(い)り卵落とし卵寒卵金(きん)の卵コロンブスの卵地(じ)卵種卵生(なま)卵半熟卵牡丹(ぼたん)卵茹(ゆ)で卵

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らん【卵】
生物のがつくる配偶子精子と受精して新個体をつくる。動物では発生に必要な栄養分として卵黄を含み、丸く大きい。卵細胞。卵子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らん【卵】[漢字項目]
[音]ラン(呉)(漢) [訓]たまご
学習漢字]6年
〈ラン〉たまご。「卵黄卵管卵生卵巣卵白鶏卵産卵排卵孵卵(ふらん)抱卵累卵
〈たまご〉「卵色地卵(じたまご)生卵(なまたまご)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

 通常鶏卵.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

 卵子ともいう.雌の配偶子.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たまご【卵 egg】
動物の雌が体外に産み出す卵子のこと。卵細胞は動物の諸細胞の中で最大で,とくに鳥類の卵は大きく,最小のハチドリの1種の卵でも1.2cm×0.8cm,最大のダチョウ卵に至っては16cm×12cmもの大きさがある。鳥類では,体の大きな鳥ほど大きな卵を産む傾向がある。ただし,体重に対する卵重の比は,大きな鳥ほど小さくなる傾向がある。体外に産み出される卵は,外敵からの保護や乾燥の防止などのために,膜membraneや殻shellによっておおわれていることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

らん【卵 egg】
同一種の動植物において,生殖に関与する配偶子に形態学,生理学的な差が認められ,2種類以上のものが区別される場合に,それらを異型配偶子と呼ぶ。異型配偶子は形の大小にしたがって,それぞれ大配偶子,小配偶子と名づけられているが,大配偶子は一般に運動性をもたず,細胞質内には栄養物質を多量に有し,卵または卵子と呼ばれる。これに対して小配偶子は運動性に富み,細胞質はほとんどなく,細胞のほとんどすべてが細胞核成分と,運動のための小器官で占められていて,精子と呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かい【卵】
たまご。また、そのから。かいご。 「 -のうちに命こめたる雁の子は/宇津保 藤原君

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいご【卵】
〔殻かい子の意〕
たまご。 「うぐひすの-の中にほととぎすひとり生まれて/万葉集 1755
卵などの殻から。 「肉団ししむらの-開きて、女子を生めり/霊異記 下訓注

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らん【卵】
雌の生殖細胞。有性生殖を行う生物において減数分裂によって生ずる雌性配偶子。雄性配偶子と合体して新個体となる。卵子。卵細胞。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らん【卵】
〘名〙
① 配偶子の一つ。植物では卵細胞と呼び胚嚢、造卵器中にある大形の細胞。動物では後生動物の卵巣内にある卵子で、卵黄の含有量分布、卵黄の局在などにより種々の分類がなされている。精子を受精して卵割を開始し、一個の生命体を形成する。卵珠。
② たまごのこと。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉四「巣を作り卵(ラン)(〈注〉タマゴ)を育し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卵の関連情報

他サービスで検索

「卵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.