Rakuten infoseek

辞書

卵黄【らんおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

卵黄
らんおう
yolk; vitellus
動物の卵細胞が精子と受精したのち,卵割などを行なって成長していく場合,成長のときのエネルギー源になる物質。この卵黄の起源は,卵母細胞時代に細胞にくっついていた栄養細胞からくるといわれている。ニワトリの卵黄はおもに脂質リン脂質とから成る。卵黄が細胞の中に入っている状態によって,卵割の様式が変っていく。哺乳類では卵黄がほとんどない。ウニなどでは卵黄は細胞質に一様に分布しているが,ニワトリなどでは局在している。また昆虫などでは細胞の中心の部分を占めている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らん‐おう〔‐ワウ〕【卵黄】
動物の卵の中に貯蔵されている栄養物質。たんぱく質脂質糖質無機塩類ビタミンなどを含み、胚(はい)の発育中に消費される。量や卵内での位置により、等黄卵端黄卵中黄卵などに分けられる。鳥類では球状をなし、黄身(きみ)ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

卵黄
 卵の中心部にある黄色の球状のもの.胚盤がある.食品としての鶏卵の卵黄は脂肪やミネラルに富む.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らんおう【卵黄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

らんおう【卵黄】
卵の黄身きみ。卵の細胞質内に存在する貯蔵物質で、タンパク質・脂質・糖類・ビタミン・無機塩類などを含み、個体発生途上の胚の栄養となる。その量により無黄卵・中黄卵・多黄卵などに、また分布状態により等黄卵・端黄卵などに区別する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

卵黄
らんおう
動物の卵に特有な貯蔵物質で、卵が(はい)発生をする際の栄養源となる。多量に蓄積されると黄色を呈するのでこの名が与えられている。多くの場合卵黄は、卵黄顆粒(かりゅう)として細胞質内に散在するか、卵黄球として蓄積されるかのいずれかである。卵内に蓄積される卵黄の量やそのあり方は、動物の種によってさまざまである。卵黄の存在は卵の細胞質の運動の物理的障害となるので、卵黄の量やあり方は卵割(細胞分裂)や原腸陥入など卵全体の動的活動を規定している。一般には、卵黄を多くもつようになった細胞は将来、内胚葉(消化管)になる。卵黄は、卵巣内で卵を取り巻く濾胞(ろほう)細胞や、哺育(ほいく)細胞により供される材料からつくられる。この材料は、ホルモンの影響のもとに肝臓や脂肪体の細胞から、血液あるいは血リンパ液を通じて卵巣に運ばれたものである。その成分はリンタンパク質、リン脂質のほか、複合脂質、炭水化物、無機質、ビタミンなどである。これらの成分をどのような割合で含むかは動物によって異なる。最近では、ある種の動物では卵黄に母体からの伝令RNA(リボ核酸)あるいはリボゾームなどを含むことが知られている。[竹内重夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らん‐おう ‥ワウ【卵黄】
〘名〙 動物卵の細胞質内に顆粒物質として存在する貯蔵栄養物質の総称。卵黄の化学成分は種によって異なるが脂質とたんぱく質が主体で、脂質は燐脂質、ステリンなど、たんぱく質は燐たんぱく質、リボたんぱく質などからできている。鳥類では球状を呈し、黄身(きみ)ともいう。
※改正増補物理階梯(1876)〈片山淳吉〉中「此気の地球を環遶するは、猶卵白の卵黄を包裹するが如し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卵黄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卵黄の関連情報

他サービスで検索

「卵黄」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.