Rakuten infoseek

辞書

即時抗告【そくじこうこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

即時抗告
そくじこうこく
sofortige Beschwerde
通常の抗告と異なって一定不変期間内に提起することを必要とされる抗告。特に迅速な確定が要求される決定について法が明示している場合にのみ認められる不服申立て方法。即時抗告には,通常抗告と異なり,その提起に伴って原裁判執行を停止する効力が認められている。即時抗告の提起期間は,非訟事件手続法民事訴訟法刑事訴訟法,破産法,民事調停法家事審判法などによって異なる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そくじ‐こうこく〔‐カウコク〕【即時抗告】
民事・刑事訴訟で、裁判所の決定に対して一定の期間内(民事訴訟では7日、刑事訴訟では3日)にすることを要する不服申し立て原則として執行停止の効力をもつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そくじこうこく【即時抗告】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そくじこうこく【即時抗告】
スル
裁判上、迅速に確定されることが必要な決定について、期間を定めて認められる不服申し立て方法。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

即時抗告
そくじこうこく
抗告の一種で、一定期間内に提起することを要するもの。迅速に確定させる必要のある決定に対する不服申立ての方法で、法律にとくに規定のあるときに認められる。即時抗告期間は、民事訴訟では裁判の告知のあった日から1週間、刑事訴訟では3日であるが、破産手続では2週間のこともあり、各手続により異なる(民事訴訟法332条、刑事訴訟法422条、破産法9条など)。[本間義信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そくじ‐こうこく ‥カウコク【即時抗告】
〘名〙 民事、刑事の訴訟で、裁判所のした決定に対し、一定の期間(民事では七日、刑事では三日)内に提起しなければならない抗告。裁判の性質上、敏速な確定を必要とする決定について認められ、通常の抗告と異なり、原則として裁判の執行停止の効力をもつ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

即時抗告」の用語解説はコトバンクが提供しています。

即時抗告の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.