Rakuten infoseek

辞書

印相【インゾウ】

デジタル大辞泉

いん‐ぞう〔‐ザウ〕【印相】
《「いんそう」とも》
仏・菩薩(ぼさつ)が手指で示す印の形。→印(いん)
仏の顔つき。
印章の面に現れた縁起のよしあし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

印相
印鑑を自身の分身と考えて、印相学に基づいて、吉となる彫り方を施すこと。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんぞう【印相】
仏・菩薩(ぼさつ)の内証(悟境),本誓(ほんぜい)(誓願),功徳,事業(じごう)(はたらき)などを象徴的にあらわしたもの。契(いんげい),密印,あるいは単に印ともいう。サンスクリットのムドラーmudrāの訳。ムドラーとは本来〈封印〉〈印章〉という意味であるが,特に密教では仏・菩薩の内証・本誓などの真実なること,虚妄(こもう)なきことを証する幖幟(ひようじ)としてこの言葉に深い意味を与えた。印相はふつう手印と〈契印(げいいん)〉とに分けられ,狭義には印のみをすが,広義にはこれらのほか,仏像,種子(しゆうじ),真言までも含めることがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いんそう【印相】
(持ち主の運勢を判断するものとしての)印章の相。
いん(印)」に同じ。
密教で、僧が印を結ぶこと。いんぞう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

印相
いんぞう
印契」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

印相
いんぞう
仏教で両手の手指を結んで組み合わせた形、しるし(印章)。密印(みついん)、印契(いんげい)、略して印ともいう。サンスクリット語ではムドラーmudrといい、母陀(捺)羅(もだら)と音写する。「しるし」の意はまれには『大乗義章』巻2にあるようにサンスクリット語でウダーナudna(憂檀那)といい、決定して変わらない形をさす場合もある。しかし通常は仏、菩薩(ぼさつ)の内的な悟りの内容、誓願、功徳(くどく)、事業(じごう)(はたらき)を表象する。密教ではとくに「(ひょうじ)」(形で内容を表現した一種のシンボル)として重視し、広義には三昧耶形(さんまやぎょう)(象徴する物)の一要素をなし、持物(じもつ)をも含む。日本に現存する最古の印相の図は、中国、唐代の『蘇悉地儀軌契印図(そしつじぎきげいいんず)』(国の重要文化財。教王護国寺所蔵)であるという。
 印相の種類は多種多様であるが、『大日経』密印品(みついんぼん)では基本形(印母(いんぼ))は六種拳(ろくしゅけん)と十二合掌(じゅうにがっしょう)の2種である。六種拳は、(1)蓮華(れんげ)拳、(2)金剛(こんごう)拳、(3)外縛(がいばく)拳、(4)内縛(ないばく)拳、(5)忿怒(ふんぬ)拳、(6)如来(にょらい)拳である。また十二合掌は釈尊の降魔(ごうま)、成道(じょうどう)の過程を反映したもので、12種に分類される。(1)堅実心合掌(寧尾拏(にびだ)合掌。五指を伸ばして両手をあわせる)、(2)虚心(こしん)合掌(三補(さんぶた)合掌。(1)と同形。両手のひらの間を少しあける)、(3)未開蓮合掌(屈満羅(くつまら)合掌。両手をあわせて蓮華のつぼみのようにする)、(4)初割蓮(しょかつれん)合掌(僕拏(ぼくだ)合掌。両手をあわせて両方の食指、中指、薬指を少し離して蓮華が開き始めたようにする)、(5)顕露(けんろ)合掌(多那惹(おんたなじゃ)合掌。両手の小指をつけ、両手を並べて仰向(あおむ)けにし、手のひらをあらわに見えるようにする)、(6)持水(じすい)合掌(阿陀羅(あだら)合掌。両手を仰向けて並べ、親指以外の八指を曲げて水をすくい上げるようにする)、(7)帰命(きみょう)合掌(鉢羅拏摩(ぱらだま)合掌。右手を上にして両手の十指を組み合わせる。金剛合掌ともいう)、(8)反叉(はんさ)合掌(微鉢哩(びばりた)合掌。両手を背合わせにして、右手の五指を左手の五指の上に重ねる)、(9)反背互相著(はんはいごそうちゃく)合掌(鉢羅曳薩(びぱらえいさった)合掌。左手を下向けにして伸ばし、その上に右手を仰向けにしてつける)、(10)横(おうちゅうし)合掌(啼哩曳(ていりえい)合掌。両手を仰向け、両方の中指の指頭をつけて互いに支え、指端を上方に向かわせる)、(11)覆手向下(ふくしゅこうげ)合掌(阿駄(あだら)合掌。両手を並べて下向けにし、両方の中指の指頭をつけて互いに支え、指端を下に向かわせる)、(12)覆手合掌(両手を並べて下向けにし、両方の親指の端のみをつけ、各指頭は前方に向ける)。
 また、印を結ぶ両手は日月掌(にちげつしょう)、二羽(にう)と名づけられ、十指は左手を止(し)、定(じょう)、右手を観(かん)、慧(え)などとよぶ。また左手と右手の五指は順に小指から親指まで、色(しき)、受(じゅ)、想(そう)、行(ぎょう)、識(しき)、地、水、火、風、空という。また密教以前のおもな印には施無畏(せむい)印、転法輪(てんぽうりん)印、触地(しょくち)印(降魔印ともいう)、禅定印(ぜんじょういん)(法界(ほうかい)定印)、与願(よがん)印(施願印)があり、これらはすべて釈尊の説法、降魔、成道のシンボル的表現である。このほか浄土教では上品上生(じょうぼんじょうしょう)から下品下生(げぼんげしょう)まで9種の印相(九品印(くほんいん))があり、念仏行者の罪業、修行を9階級に分け、究極には九品往生の表象とする。このうち阿弥陀如来(あみだにょらい)が結ぶ定印を上品上生という。[真鍋俊照]
『真鍋俊照著「蘇悉地儀軌契印図」(奈良国立博物館編『請来美術』所収・1969・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

印相」の用語解説はコトバンクが提供しています。

印相の関連情報

他サービスで検索

「印相」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.