Rakuten infoseek

辞書

印画紙【いんがし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

印画紙
いんがし
photographic paper
陰画から焼き付け現像処理を経て陽画をつくる写真感光紙感度の遅い塩化銀乳剤の密着用印画紙(ガスライト紙),感度の速い臭化銀乳剤の引き伸ばし用印画紙(ブロマイド紙),両者の中間的感度を有する塩臭化銀乳剤の引き伸ばし用印画紙(クロロブロマイド紙)があり,今日ではカラー印画紙も広く普及している。写真術初期の鶏卵紙をはじめ,POP,アリスト白金紙はゼラチンまたはコロジオン乳剤を原紙に塗布した焼き付け印画紙(→焼出し印画紙)である。近年は,支持体である紙の両面をポリエチレンで被膜したものが多くなりつつある。このタイプの印画紙は支持体の紙の吸水がないので,水洗時間,乾燥時間が短くてすみ,迅速な現像処理ができるという利点がある。デジタルカメラの普及により,写真フィルムと同様に印画紙の種類も減少している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いんが‐し〔イングワ‐〕【印画紙】
写真で、陰画原板を焼き付けて陽画を作るための感光紙。白黒用とカラー用がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんがし【印画紙 photographic paper】
紙を基体とした支持体に感光乳剤を塗布乾燥した写真感光材料密着焼付けまたは引伸しによって写真の陰画(ネガ)から陽画(ポジ)を得るために使用する。現像方式に対応していくつかの種類に分類されるが,ここでは最も一般的な一般現像紙とその他の印画紙とに分けて説明する。
[一般現像紙]
 焼付け後,順次,現像→停止→定着→水洗→乾燥の通常工程をとるもので,仕上がりプリントが長期保存に適するものとなる。その構成は,支持体,乳剤層,保護層の3層からなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いんがし【印画紙】
陰画から陽画像を焼きつけるために感光乳剤を塗布した紙。乳剤の種類により、ガスライト紙・ブロマイド紙・クロロブロマイド紙などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

印画紙
いんがし

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いんが‐し イングヮ‥【印画紙】
〘名〙 原紙の表面に感光乳剤を塗布した写真用紙。陰画から陽画をつくる焼き付けに用いる。主に密着用のガスライト紙、引き伸ばし用のブロマイド紙、クロロブロマイド紙などがある。
※フィルム写真術(1920)〈高桑勝雄〉写真器はどんなものか写真はどうして出来るか「種板から焼付けて写真をこしらへるに使ふ紙を印画紙(イングヮシ)といひますが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

印画紙
インガシ
photographic paper

写真法で陰画から陽画をつくるために用いる感光紙.支持体としてポリエチレンラミネート紙あるいはバライタ紙が用いられる.黒白写真用では,支持体上に数 μm の厚さに写真乳剤を塗布し,1 μm 以下のゼラチン層を保護層として設ける.感光主剤として,低濃度の密着焼付用印画紙には塩化銀(粒径0.1 μm 程度),高感度の引伸し用印画紙には塩臭化銀または臭化銀(0.2~0.5 μm)を用いる.カラー写真用では,イエローに発色する青色感光層,マゼンタに発色する緑色感光層,シアンに発色する赤色感光層の3層に分け,各発色層の間に中間層を塗布している.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

印画紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

印画紙の関連情報

他サービスで検索

「印画紙」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.