Rakuten infoseek

辞書

印旛沼【いんばぬま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

印旛沼
いんばぬま
千葉県北部,利根川下流南岸にある成田市佐倉市印西市の 3市と栄町にまたがる。かつては面積 25.8km2,深さ 1.8m,周囲 60kmの規模であった。下総台地のなかにできた谷が利根川の堆積物によって出口をふさがれて形成され,さらに洪水時に川が逆流し沼の北部三角州をつくった。江戸時代,3度にわたって干拓が行なわれ(→印旛沼干拓),東京湾に沼の水を吐き出す計画も進められたが実現しなかった。1963年水資源開発公団によって干拓工事が進められ,1969年沼は中央干拓地によって北と西に二分され,両沼が捷水路で結ばれる今日の形になり,面積も 11.55km2に縮小した。京葉工業地域向けの水源であるとともに,農業用水,飲料水にも利用されている。沿岸佐倉惣五郎甚兵衛渡し跡がある。印旛手賀県立自然公園に属する。富栄養湖でコイフナの釣り場に適している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いんば‐ぬま【印旛沼】
千葉県中北部の沼。利根川下流の低地にあり、もと面積21.3平方キロメートルあったが、江戸時代から干拓が進められ、現在は3分の2弱に縮小、北印旛沼と西印旛沼に分かれた。佐倉宗吾にちなむ甚兵衛(じんべえ)渡しの史跡がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんばぬま【印旛沼】
千葉県北部,印旛郡のほぼ中央,利根川下流にある沼。かつての沼の形はW字形で,周囲47km,面積20km2,最深所2m,両総台地の水を集める鹿島川と神崎川が沼に流入し,長門川から利根川に排水していた。かつては利根川の増水とともに逆流し,沼の周辺はしばしば水害に襲われた。長門川がつくった逆デルタは有名な地形である。近世の3回の干拓計画はいずれも失敗したが,1946年農業用地造成を目的とする国営の干拓事業が開始され,63‐69年水資源公団によって大改造が行われた結果,沼の面積と形態が大きく変わった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いんばぬま【印旛沼】
千葉県北部、利根川下流部南岸にある湖沼。大規模な干拓が行われ、現在、北部と西部の二調整池になっている。京葉工業地帯の工業用・上水用水源。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

印旛沼
いんばぬま
千葉県北部、利根川(とねがわ)下流の低地に形成された沼。鹿島(かしま)川と長門(ながと)川が流入し、新川(花見川)を通じて東京湾に排水される。成田市、佐倉市、印西(いんざい)市と、栄町にまたがる。かつては面積20.5平方キロメートルの沼であった。近世以来干拓が進められてきたが、1968年(昭和43)に沼の中央が干拓され、北印旛沼5.1平方キロメートルと西印旛沼5.6平方キロメートルに二分された。周囲26.4キロメートル、最深部は1.8メートルで浅く、二つの沼は印旛捷水路(しょうすいろ)で連絡している。この地域は、古くは常陸(ひたち)川が流れ、下総(しもうさ)台地の侵食谷がせき止められて香取海(かとりうみ)とよばれる入り江状地形をなしていた。しかし、江戸幕府によって利根川の流路が銚子(ちょうし)へ改修されて以後、低湿な沖積地が形成されて印旛沼が成立した。鹿島川、神崎(かんざき)川、高崎川などが流入する印旛沼は、かつて長門川で利根川とつながっていたので、逆流によって洪水を受けた際に遊水池の役割を果たした。そこで印旛沼には逆デルタの形成をみ、水田冠水の害も出た。そのため数次にわたって干拓が進められ、とくに田沼意次(たぬまおきつぐ)、水野忠邦(ただくに)ら幕府の要人が新田開発を意図して江戸湾への堀割をつくるために尽力をしたが、十分な成果をあげられなかった。
 第二次世界大戦後の食糧増産と、その後の京葉工業地域への工業用水や、都市・農業用水確保のために、農林水産省、水資源開発公団(現、水資源機構)が干拓事業と引水工事を引き継ぎ(1963)、沼の中央部に1400ヘクタールの水田が生まれ、1969年工事は完了した。
 一帯は県立印旛手賀自然公園(いんばてがしぜんこうえん)に属し、湖畔にはヨシ、マコモの水生植物が茂り、カモ、カイツブリなどの水鳥も多いので、佐倉市には野鳥の森が設けられ、ハイキング客も多い。コイ、フナ、タナゴなどの絶好の釣り場ともなっている。JR成田線下総松崎(しもうさまんざき)、京成電鉄京成臼井(うすい)、京成佐倉、北総鉄道印旛日本医大駅下車。[山村順次]

印旛沼干拓

印旛沼は江戸時代に4回干拓が計画され、すべて失敗した。第1回は1663年(寛文3)に幕府・代官の指導により新利根(しんとね)川を開鑿(かいさく)し、下利根川や印旛沼、手賀沼などの干拓を町人、村の請負で推進したもの。一部、布鎌(ふかま)二十四新田や埜原(やわら)十四新田などの成立をみたものの、ほとんど失敗に帰した。第2回は1724年(享保9)に千葉郡平戸村(八千代市)の源右衛門(げんえもん)(染谷(そめや))らが幕府に上申し、新田方井沢弥惣兵衛為永(いざわやそべえためなが)の指導を受けたもの。同郡検見川(けみがわ)(千葉市)に至る17キロメートル余の堀割を開く計画であったが、資金難のため挫折(ざせつ)。第3回は幕府代官宮村孫左衛門高豊(たかとよ)の提唱で、印旛郡惣深(そうふけ)新田平左衛門(香取(かとり))、千葉郡島田村治郎兵衛(信田(しのだ))が1780年(安永9)に計画したもの。江戸、大坂の町人が出資し、1785年(天明5)には一部にソバやヒエが作付けされたが、翌年6月の洪水で諸施設が流失した。8月、推進者の老中田沼意次(おきつぐ)が失脚するに及び、工事は中止。第4回は1843年(天保14)老中水野忠邦(ただくに)が天保(てんぽう)の改革の一環として、鳥取、庄内(しょうない)、沼津、秋月、貝淵(かいぶち)など5藩の藩主に手伝普請(てつだいぶしん)を命じたもの。新田開発よりも物資輸送と利根川の排水を主目的にした分水路の掘鑿に重点があった。しかしまもなく忠邦が失脚したため、工事は中止となった。[大谷貞夫]
『栗原東洋著『印旛沼開発史』1部・2部(1972、1976・印旛沼開発史刊行会) ▽山田安彦・白鳥孝治・立本英機編『印旛沼・手賀沼――水環境への提言』(1993・古今書院) ▽白鳥孝治著『湿地の文化、再生――印旛沼から』(2000・梨の木舎) ▽鏑木行広著『天保改革と印旛沼普請』(2001・同成社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

印旛沼
(千葉県千葉市花見川区・八千代市)
疏水百選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

印旛沼
いんばぬま
千葉県北西部,利根川下流右岸にある沼
利根遊水池の役をうけもつ。沿岸の冠水防ぎ新田を開発する目的で,江戸時代の享保天明・天保期に干拓が試みられた。天明期には大坂商人資本が投入されたが,いずれも完成せず失敗した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

印旛沼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

印旛沼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.